「Google Chrome」ブラウザでの「Windows 7」サポート、2022年1月15日まで延長

30

2020年11月24日 07:32  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真 まだWindows 7を使っている企業は22%(資料:Google)
まだWindows 7を使っている企業は22%(資料:Google)

 米Googleは11月21日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome」での「Windows 7」のサポートを2022年1月15日まで延長すると発表した。米MicrosoftはWindows 7のサポートを今年1月14日に終了したが、いまだ多くの企業が「Windows 10」への移行を完了していないことに配慮したとしている。



【その他の画像】



 米調査会社KantarがGoogleの依頼で行った調査によると、2020年第2四半期(4〜6月)の時点でWindows 10への移行を完了している企業は世界全体の78%で、22%が移行の途上あるいは「移行を間もなく開始する」となっている。



 Googleは今年1月10日にサポートを2021年7月15日まで延長すると発表していた。今回さらに半年延長したことになる。



 この延長で、Chromeのセキュリティ機能、クラウド管理などのエンタープライズ向け機能を引き続き利用できる。



 なお、MicrosoftによるWindows 7の延長サポートは、2023年1月まで有償で利用できる。


このニュースに関するつぶやき

  • Windows10はスパイウェアだと、以前よりIT関連を知る人達には分かっていた。ゆえ、当方もずっと7を使い続けている。https://www.youtube.com/watch?v=lioeJ0K_N_w尚、未だに7の新品が売られているのは其の為だ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • でも、Chromeはほぼ使ってないんだけど(笑)最初は軽くて良かったのに(´д`|||)
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

ニュース設定