【女の子】ぶきっちょママでも超簡単!「まとめ髪テク」

1

2020年11月24日 12:02  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
子どもの髪を、上手に結いたいのにうまくできなくて、悶々としているママ。毎朝子どもにお願いされるものの、したいけれどできないために断り続けているママ。

【子どもの散髪】美容師が教える!初めてママでもできる「女の子のセルフカット」

大丈夫!必要なのは、技術よりちょっとした“コツ”!

今回教えてくださるのは、2児のママでもあり、現役エステティシャンとして活躍する鷲山夏希さん。

子どもの髪の特性にあった、簡単なやり方。さあ、やってみましょう!

■まとめるなら、ひとつよりふたつ

子どものまとめ髪、さらには簡単にと聞くと、ひとつ結びが簡単そうに見えるかもしれませんが、実はまとめるならひとつよりふたつの方が、断然簡単なんです。

理由のひとつとして、髪の毛には元々生え方に横と後ろで長さの違いがあるもの、半分に分けることで、おくれ毛をあまり出さずに結ぶことが可能になるんです。

一生懸命ひとつにまとめようとして、横の短い髪の毛がさらさら落ちてきてなかなかまとまらないなんてこと、ありませんでしたか?結んでも、すぐにとれちゃうってことありませんでしたか?

こういったお悩みも、ただひとつからふたつにまとめるようにするだけで、随分と解決します。

それに、万が一とれてしまっても、すぐに直しやすいのもふたつ結び。

お昼寝タイムだって、ふたつ結びなら頭も痛くないので、おすすめですよ。

■まとめ髪に必要な道具

ひとつは目の細かいコームです。

子どもの髪の毛は、細くてさらさら。髪の毛の取り残しを防ぐことができます。

100均で購入できる程度のもので十分ですが、プラスティックの素材より、天然素材(竹)のものを使うと、より地肌に優しくつかうことができますので、子どもの頭皮にも安心です。

コームを使うのが面倒くさくて、つい手櫛でやってしまいそうになりますが、指で分けようとすると、乾燥している手が髪の毛をうまくつかめない状態になりますし、柔らかく細い髪の毛が頭皮にくっついてしまい、左右にうまく分けるのが難しくなります。

ふたつめは、スタイリング剤。

スタイリング剤は、いわゆる“マルチバーム”と言われる、スタイリング剤としても、スキンケアとしても使えるものがおすすめです。

『ダイアンボヌール オーガニックヘアワックス』は、100%天然由来の成分で作られているので、子どもにも安心して使えますし、手荒れが気になるママにもおすすめのマルチバーム。

さらっとべたつかないシアバターと、べたつかず髪に馴染みやすいホホバオイルがベースになっているので、髪も身体もこれひとつでいけちゃいます。

あとはヘアゴム。100均で購入できて、サイズも豊富なので、子どもの髪の量に合わせて選べる利点もあります。

ゴムならでは、しっかり髪の毛をキャッチしてくれるので、結んでもとれにくく、だからといって輪ゴムではないので、とるときには痛くないのでおすすめです。

■超簡単!まとめ髪のつくりかた

■(1)梳かす

まずは、頭頂部から全体的に髪の毛を梳かします。

櫛を頭皮にさす感じではなく、櫛を頭皮に沿わして髪の毛をとかしてください。

静電気で髪の毛が広がりそうなら、櫛を濡らして梳かしてもよいです。髪の毛自体は濡らさないでくださいね。

子どもの髪の毛は細くて少ないので、髪を濡らすとすぐにびしょびしょになってしまい、柔らかく細い髪が絡まりやすく、よりまとめにくくなってしまいます。

髪の毛を濡らすより、道具を濡らしましょう!

それでも全体的に収まらない時は、髪の毛を霧吹きでを使って少し水分を含ませるのもいいですね。

■(2)分ける

コームの後ろ側で、頭の真ん中から首の後ろに向けてまっすぐ線を引くようにおろします。

こうして髪の毛をふたつに分けたら、右と左に分けてそれぞれ軽く結んでおくとバラバラにならなくて良いですよ。

■(3)結ぶ

軽く結んだ片方のゴムをとり、ヘアワックスを適量手に取って手のひら全体に伸ばしたら、地肌につかないように髪の毛になじませます。

あとは、ゴムでしっかり結び直すだけ。もう片方も同じように作ります。

毎日同じ場所で分けてしまうと、髪の毛が引っ張られてかゆみが出てくることもあります。絶対に真ん中!と決めずに、髪の流れや寝ぐせに合わせて、毎日少しずつずらして分けることも大切ですね。



あとは、ご飯を食べている時のような“じっとしてる時”を狙うだけ!

ぜひやってみてくださいね。

【取材協力】鷲山夏希
専門学校卒業後、業界大手エステティックサロンに勤務。美肌、痩身のプロフェッショナルとして実務、インストラクターとして指導経験を積む。
現在は2児の子育てをしながら、神奈川県の総合美容サロン・フォルトゥーナに勤務。日々エステティシャンとして、多くの女性を綺麗にするべく邁進中。

このニュースに関するつぶやき

  • ぶきっちょとか失礼よね→
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定