ランパード監督、移籍を示唆したジルーへの信頼を強調「重要な選手」

0

2020年11月24日 16:22  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真チェルシーに所属する(左)ジルー [写真]=Getty Images
チェルシーに所属する(左)ジルー [写真]=Getty Images
 チェルシーを率いるフランク・ランパード監督がフランス代表FWオリヴィエ・ジルーを信頼していることを強調した。23日、クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 現在34歳のジルーは今シーズンここまで公式戦7試合の出場で1ゴールを記録しているものの、先発出場はカラバオ・カップでの1試合のみ。来年6月に行われるEURO2020に出場するためにもさらなる出場機会を望んでいる同選手は、フランスメディア『Telefoot』で「1月には何かしらの決断をしなければならないと思っている」と移籍することを示唆している。

 この発言により、ジルーの去就に注目が集まっているが、ランパード監督は「オリ(ジルー)は私たちのチームの非常に重要な選手だ」と同選手を信頼していることを強調し、今シーズン終了まで同選手がチェルシーにとどまることを望んでいると明かした。

「彼は去年(昨季)多くの試合に出場した。そして常により多くの試合に出場したいと思っているだろう。私にとっては巨大なスカッドの中の一人だ。今後彼が重要な存在になることはわかっているので、オリにはここに残って欲しいと思っている。オリとは非常に良い関係を築けている。そして、彼が違う道へと進むと感じているのならば、喜んで彼と会話をするだろう。だが、私はここにいてもらいたいと思っている」

「チェルシーの前線陣には競争がある。誰もがそれを勝ち抜く必要がある。オリの代理人の言葉を見たが、何とも思わなかった。オリとは常にオープンな会話をしているからね。彼はプレーしたがっている。プレーしていない時は他の選手たちのために信じられないようなサポートをしている。そして何があっても素晴らしい練習をしている。1月に来る橋(移籍市場)を渡る必要があるが、私の考えはこのスカッドの強さを保ち続けなければならないということだ」
    ニュース設定