30代独身×年収400〜600万円の本音「手取りがあと10万円増えれば、結婚してもいいかなと思える」

2

2020年11月24日 20:50  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

30代独身で年収400〜600万円の人たちは、現在の生活についてどのように感じているのだろうか。神奈川県で正社員として働く30代の独身男性は、キャリコネニュースに

「実家暮らしなので、何とか生活できている。お金も財形貯蓄でどうにか貯められている。しかし、これから実家を出て家庭を持った時に今と同じ暮らしができるかは、かなり厳しい」

という声を寄せている。ほかの30代独身者の声も見ていこう。(文:鹿賀大資)

「気を緩めると散財しそう。家計簿をつけて、毎月の収支を把握しています」

メーカーに勤務する埼玉県の女性は年収400万円。生活費はボーナスで補填することが多いものの、日常生活をするうえでは「特に支障はない」という。また年々、上がり続ける税金や物価の影響で「段々と余裕の度合いが減っている」と明かす。

「趣味にお金を使うと、洋服代や貯金に回せなくなる。そのため金券ショップで株主優待券を購入したり、ふるさと納税を活用したり、ポイ活をしたり、できるだけ出費を抑えている」

正社員勤務の静岡県の女性は、年収550万円で実家暮らし。欲しいと思ったものは、予算の範囲内であれば購入できるという。月々の貯金ペースについては「給料の半分くらい」と述べつつ「気を緩めると散財しそうなので、家計簿をつけて、毎月の収支を把握しています」とコメントしている。

「今の収入で結婚し子どもを持つこと、住宅購入は考えられないですね」

東京都の男性は、都心の家賃11万円の賃貸で1人暮らし。商社勤務で年収は600万円だ。「手取りは月20万円弱です」と明かす。月5万円ペースで貯金をしているが、満足はしていない。

「水道光熱費や通信費などの固定費や、たまの外食、スポーツジム代の支払いがあるため、思うように貯金できません。それでも単身なので、あまり切り詰めることもありません。ただ、今の収入で結婚して子どもを持つことや、住宅購入は考えられないですね」

男性は「手取りがあと10万円増えれば、結婚してもいいかなと思います」と綴っている。

ほかには、

「老後に向けて資産構築中です。現金預金だけでなく、投資信託・株式・不動産などの分散投資でリスクヘッジし、将来に備えています」(独身男性/大阪府/IT・通信系/年収600万円)

という声も寄せられている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や【募集】仕事を即効で辞めた人に関するアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1000万超の暮らし「レクサスは現金で一括購入」
年収800万円でも“子ども部屋おじさん”の40代男性
年収300万円の50代独身女性の叫び「政治家は底辺の生活を知らない」

このニュースに関するつぶやき

  • ゲーム芸人が「18〜30歳」の女性を結婚相手として募集して炎上してるらしいけど、当然だと思う。女も男性に「年収」を求めるんだから
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定