運転中に民家に衝突した18歳少年 玄関ドアが車に刺さったまま逃走図る(英)

1

2020年11月25日 04:51  Techinsight Japan

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真玄関ドアが運転席部分に突き刺さった事故車(画像は『WYP Roads Policing Unit 2020年11月21日付Twitter「Ashworth Rd, Dewsbury」』のスクリーンショット)
玄関ドアが運転席部分に突き刺さった事故車(画像は『WYP Roads Policing Unit 2020年11月21日付Twitter「Ashworth Rd, Dewsbury」』のスクリーンショット)
このほどイギリスで、1台の車による衝突事故が発生した。車を運転していた18歳の少年は道路上で他の車に衝突すると、その衝撃で近くの民家に突っ込んでしまった。少年の車には壊れた玄関ドアが運転席部分に突き刺さっていたが、構わずに逃走を図ったという。その後、少年は酒気帯びまたは麻薬摂取による危険運転の疑いで逮捕されたが、警察から身元が公表されておらず、ネット上で怒りの声があがっている。『Mirror』などが伝えた。

英ウェスト・ヨークシャーのデューズバリーで今月20日午後7時45分頃、18歳の少年が運転していた車が衝突事故を起こした。警察によると、少年は道路で1台の車に衝突。その衝撃で近くにあった民家の玄関ポーチに侵入し、そのまま玄関に突っ込んでしまったという。

民家に衝突後、車の運転席部分には玄関ドアが突き刺さってしまったが、少年はそのまま逃走を図り数メートル走行するも、あえなく御用となった。ウェスト・ヨークシャー警察は発見時の車を撮影し、Twitterの公式アカウントに投稿した。

写真には白い玄関ドアが真横になって運転席近くに突き刺さっており、フロントガラスには大きくひびが入ってしまっている。玄関ドアは運転席部分をほとんど覆ってしまっており、この状態で少年は数メートル運転したというのに二次被害が無かったのは奇跡としか言いようがない。

この事故で少年は、酒気帯びまたは麻薬摂取による危険運転の疑いで逮捕されたが、少年自身も怪我をして現在は病院で治療を受けているという。警察よると少年は軽傷ということだ。

このニュースを見た人々は「玄関ドアで頭がはねられなくてよかったね」「車の保険会社にとってはいいネタになるぞ」といったコメントや、「容疑は“疑い”だけなのか? これだけのことをしているなら疑いでも何でもないだろう?」「なぜ犯人の詳細が公表されていないのか不思議でならないのだけど」「こんなことをする少年の名前は明かすべき」など怒りの声も多数あがっている。

警察はこの事故の詳細について今も捜査を続けており、目撃者による情報提供を呼びかけている。

画像は『WYP Roads Policing Unit 2020年11月21日付Twitter「Ashworth Rd, Dewsbury」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

    前日のランキングへ

    ニュース設定