Amazon.com、偽造品販売対策で米政府機関と協力

4

2020年11月25日 10:02  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真

 米Amazon.comと米連邦政府の知財保護対策タスクフォース、国立知的財産権調整センター(IPRセンター)は11月24日(現地時間)、偽造品の米国への侵入を防ぎ、米国の消費者を保護するための共同事業「Operation Fulfilled Action」を発表した。米国税関国境警備局(CBP)と米DHLもこの事業を支援する。



【その他の画像】



 Amazon側は、6月に立ち上げた偽造品の撲滅を目指す専門部署「Counterfeit Crimes Unit」(偽造品犯罪対策チーム)が担当する。



 同社はこれまでもAmazonのサービス上で販売される偽ブランド品を機械学習で検出する「Project Zero」や偽造品犯罪対策チームの立ち上げなどで対策に取り組んできた。



 Operation Fulfilled Actionはさらに踏み込んで、「悪意ある人物がどこのプラットフォームで偽造品を販売しようとしているかに関係なく、偽造品を国境で食い止められる」としている。



 そのために、AmazonはIPRセンターにこれまで検出した偽造者に関するデータを提供する。


このニュースに関するつぶやき

  • amazonって「他のECサイトじゃ買えない時に仕方なく使うサイト」だと思ったほうがいいよ。普段はヨドバシでも楽天でも使えばいいじゃない
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • パチもんブランドより先に贋アマゾンフィッシングメールどうにかしましょうよ 奴らいい加減しつこい
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定