NAVITIME、列車のルート検索で「リアルタイム遅延考慮」が可能に

0

2020年11月25日 14:12  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真リアルタイムな列車遅延を考慮したルート検索機能を提供開始
リアルタイムな列車遅延を考慮したルート検索機能を提供開始

 総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」は、11月25日にリアルタイムな列車遅延を考慮したルート検索機能を提供開始した。



【その他の画像】



 本機能はルートの検索条件で「リアルタイム遅延考慮」をオンにすると、現在発生中の列車遅延があった場合は遅延を考慮してルートを検索。これまでも列車遅延が発生した際は遅延情報の表示や遅延区間を避けた迂回(うかい)ルート検索機能を提供していたが、ユーザー自身で遅れを考慮した出発時の設定や、一度ルート検索や対象区間を指定してから迂回ルートを検索する必要があった。これより再検索の手間が省け、目的地到着までの最適なルートと正確な到着時刻をより素早く把握できるようになるという。



 対応路線は、東京メトロ、JR東日本、都営地下鉄(JR相模線、JR八高線、東北エリアのJR全線を除く)。また、時刻表でも遅れている列車を表示し、乗りたい路線の遅延を一目で確認できる。


    ニュース設定