ゴキブリ新種、国内で35年ぶり発見 美しい金属光沢を持つ「ルリゴキブリ属」の2種

36

2020年11月25日 22:53  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ルリゴキブリ属の最尤系統樹
ルリゴキブリ属の最尤系統樹

 国内で35年ぶりとなるゴキブリの新種(2種)が、法政大学、鹿児島大学などの研究チームにより発見されました。これまで日本産のゴキブリは57種が確認されていましたが、今回の2新種を加え、これで合計59種となりました。



【その他の画像】



 今回新種と判明したのは、南西諸島で発見された「アカボシルリゴキブリ」と「ウスオビルリゴキブリ」。なお、これら「ルリゴキブリ属」のゴキブリはいずれも、主に日本の南西諸島から東南アジアにかけて分布しており、一般的な「黒い」「汚い」イメージのゴキブリとは異なり、美しい青色の金属光沢や、鮮やかな橙色の紋などを持ついわゆる“美麗種”とされているそうです。



 発見したのは、法政大学島野智之教授、竜洋昆虫自然観察公園柳澤静磨職員、鹿児島大学坂巻祥孝准教授からなる研究チーム。今回の研究については日本動物学会の国際誌Zoological Scienceに記載・発表されています。


このニュースに関するつぶやき

  • 美しいなら画像貼れや
    • イイネ!6
    • コメント 0件
  • モザイクに吹いた
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(20件)

ニュース設定