リリー・フランキー、“日本一のゴッドハンド”役で出演!サランとの関係とは?『七人の秘書』第6話

0

2020年11月26日 07:01  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

木村文乃が主演を務め、広瀬アリス、菜々緒、シン・ウンギョン、大島優子、室井滋、江口洋介が“影の仕事人”となり、人知れず悪をぶっ潰していくドラマ『七人の秘書』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00〜)の第6話が、11月26日に放送される。

本作は、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』シリーズや『ハケンの品格』などを手掛けた中園ミホが脚本を担当。望月千代(木村)、照井七菜(広瀬)、長谷不二子(菜々緒)、パク・サラン(シム)、風間三和(大島)という5人の秘書たちと、情報屋の鰐淵五月(室井)、そしてこのメンバーの元締めとなる萬敬太郎(江口)が“影の軍団”となって、金や権力にまみれた非情な支配者たちを懲らしめていく。

先週放送された第5話はでは、大島演じる東京都知事秘書・三和と敬太郎の過去が判明。実は敬太郎は、財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の元秘書で、かつて収賄罪で刑務所に入っていたことが明らかになった。インターネット上では「『個性』という重い重圧に苦しめられていた三和の心が救われて本当に良かった。萬さんに出逢えて本当に良かったね」「繊細な表情と僅かな動きのニュアンスで明るく芯の強い一面と心に深い闇を抱え儚さのある風間三和という役を色濃く演じてくれている優子さん。自然体な演技で惹き込まれていきます」などの声が寄せられた。

<第6話あらすじ>
東京都知事・南勝子(萬田久子)が倒れ、サランが病院長秘書を務める慶西大学病院に救急搬送される。勝子の秘書・三和(大島)がサランに勝子の病名を尋ねると、急性心筋梗塞だった。勝子の入院を知った粟田口(岸部)は、“日本一のゴッドハンド”として名高い東帝大学病院の心臓外科教授・白鳥六郎(リリー・フランキー)に執刀を依頼。そんな中、白鳥の名を聞いて動揺するサラン……。

一方、ラーメン店「萬」には、東都銀行頭取秘書・七菜(広瀬)に連れられ、夫とともに青果店を営む康子が来ていた。康子は、心臓に難病を抱える夫の手術日がようやく決まったにも関わらず、突然病院から断られたという。この手術ができる医師は日本に一人しかいない……と嘆く康子の話を聞き、店主の敬太郎(江口)は力になることを約束する。

その夜集合した東都銀行常務秘書・千代(木村)たち秘書軍団は、康子の手術を断った医師が勝子の手術を担当する白鳥だと知り、大ブーイング。翌日、粟田口が勝子の見舞いにやってくる。体調を気遣うふりをして勝子にやんわりと退陣を促したものの拒否された粟田口は、白鳥に勝子の手術をわざと失敗するよう持ち掛けて……?
    ニュース設定