『ダイの大冒険』新装彩録版、6巻より[竜の騎士編]突入 表紙にバラン&竜騎衆が登場

1

2020年11月26日 13:12  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真漫画『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』新装彩録版6〜8巻の描き下ろしカバーイラスト (C)三条陸、稲田浩司/集英社 (C)SQUARE ENIX CO., LTD.
漫画『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』新装彩録版6〜8巻の描き下ろしカバーイラスト (C)三条陸、稲田浩司/集英社 (C)SQUARE ENIX CO., LTD.
 12月4日に発売される漫画『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(原作・三条陸、漫画・稲田浩司、監修・堀井雄二)新装彩録版6〜8巻より、稲田浩司の描き下ろしカバーイラストが解禁された。

【写真】漫画『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』新装彩録版6〜8巻カバーイラスト

 10月3日から新作テレビアニメ放送が始まり、さらなる盛り上がりを見せる本作。集英社「週刊少年ジャンプ」連載当時のカラーページを再現して収録した新たな単行本「新装彩録版」が、10月2日より10ヵ月連続で刊行されている。

 6巻からは新章[竜の騎士編]に突入し、魔王軍のなかで随一の戦力を誇る超竜軍団がダイたちに迫る。さらに、超竜軍団長バランとダイの「竜の紋章」を巡る避けられぬ宿命が、スリリングかつ奥深く展開する。

 6巻のカバーイラストには、鋭くもどこか意味ありげな視線の超竜軍団長バランに挑まんと、戦闘態勢を整えるダイとポップが登場。7巻は、ダイたちの仲間に加わったヒュンケルが、バラン配下の最強精鋭・竜騎衆の3人、空戦騎ガルダンディー、海戦騎ボラホーン、陸戦騎ラーハルトに狙いを定める。連載時にはカラーで描かれる機会がほぼなかった竜騎衆も、ここで3人そろい踏みとなる。8巻は、右の拳に光る「竜の紋章」。少年ダイが自らの運命に向き合い、新たな力を得て飛躍的に成長する瞬間が描かれている。

 これらを並べると、第2章[竜の騎士編]の冒険絵巻が半ばまで出現する。ダイとポップとヒュンケル、そしてバランと竜騎衆3人。激闘の先に待っているダイの成長。ダイたちの勇気の物語が感じ取れる、壮大なカバー冒険絵巻となっている。

 漫画『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』「新装彩録版」6〜8巻は、集英社より12月4日発売。

    オススメゲーム

    ニュース設定