嵐「この5人だからできること」14,000字の超ロング座談会 『with』で超ボリューム「嵐特集」

0

2020年11月26日 18:11  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 嵐が表紙を飾る『with』1月号が、11月27日に講談社より発売される。


 「この5人だからできること」を強く意識した撮影では、メンバーひとりひとりが、5人の集合写真を1カットごとにプロデュース。「嵐らしさ」と「ポップなあたたかさ」が凝縮されたフォトストーリーが完成した。


 今号の「嵐特集」は、カルチャー誌で長く嵐と向き合ってきた上田智子氏をディレクター&インタビュアーに迎え「今、あらためて伝えたい嵐の魅力」を意識し取り組んだ。写真だけでなくインタビューでも5人の「嵐らしさ」が満載。そんなインタビューはすべて5人全員参加の座談会。「僕の見ている嵐の風景」をテーマに、デビューから21年のあいだ“特に印象に残っている4人の姿+自分”について語っている。総ボリュームは約14000字にも及ぶ超ロング座談会となった。


 また、今号にはテレビドラマからバラエティ番組まで活躍するなにわ男子が登場。指相撲で熱中する大橋和也と藤原丈一郎や、ソファーですやすや眠る長尾謙杜を見守る大西流星。窓際で寝転びながら話す道枝駿佑と高橋恭平など、見どころが満載。写真は全て大阪で撮影された。気心の知れたスタッフ・土地だからこそ生まれた、リラックスした表情は必見。インタビューでは西畑大吾が、配信コンサートについて「ファンの人と会えないことってこんなに悔しいんだって気づいた」とコメントするなど、今後の活躍に期待したくなる発言も飛び出した。


 『with』恒例企画の青田買い男子企画には、濱尾ノリタカ、時任勇気、坪根悠仁が登場。その他、SKY-HIによる読者へのメッセージも掲載。


濱尾ノリタカ 時任勇気 坪根悠仁 SKY-HI


■書籍情報
『with』2021年1月号
発売日:11月27日 ※首都圏基準
価格:690円
with公式facebook:https://www.facebook.com/with.magazine
with公式twitter:https://twitter.com/with_magazine
with公式instagram:https://www.instagram.com/with_mag_official/
with公式LINE:http://line.naver.jp/ti/p/%40with_magazine


    ニュース設定