勉強、貯金、恋愛…20代に後悔したからこそ今○○をしたい!40〜50代キャリアの本音とは?

1

2020年11月26日 19:20  Suits-woman.jp

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Suits-woman.jp

写真写真

なるべく後悔のない生き方をしたいと思っていても、やっぱり何かしら後悔をしてしまうのが人生。でもその後悔を糧に今後の人生に役立てることができれば、それは価値のある後悔になりますよね。そこで今回は、株式会社Be-Jinが40〜50代男女109名に行ったアンケートをもとに、40〜50代キャリアがしてきた後悔と、今後の目標についてまとめてみました。

20代にやっておくべきだったこと、1位「勉強」2位「貯金」

今までの人生を振り返って、20代の頃にしておくべきだったことがあると感じている人は86.2%。その内容を尋ねてみると、もっとも多かったのは「勉強をすること」で57.4%、次いで「貯金をすること」が47.9%、そして3位は「恋愛をすること」で36.2%でした。詳しいランキングは以下の通り。

■どのようなことを20代の頃にしておくべきだったと感じますか?(複数回答)
1位 勉強をすること(57.4%)
2位 貯金をすること(47.9%)
3位 恋愛をすること(36.2%)
4位 今後の人生でやり遂げたいビジョンを持つこと(33.0%)
5位 仲の良い友人を多く作ること(26.6%)
6位 よく遊ぶこと(24.5%)
7位 自分らしく生きること(22.3%)
8位 親孝行すること(22.3%)
9位 健康に気を使うこと(20.2%)
10位 仕事で成果をあげること(16.0%)
その他(3.2%)

こうしてみると、今から取り組んでも遅くないことが多いかも。20代で後悔したからこそ、今後の人生への目標ができた人も多いのかもしれません。

若い頃後悔したからこそ、成長できた部分があるのかも…

40〜50代の66.1%が「コロナ禍において自分らしく生きる力が必要」と実感

コロナ禍では今まで以上に自分の人生を見つめなおす機会があったという人が多いのではないでしょうか? そこで「コロナ禍で自分らしく生きる力が必要になってきたか」と尋ねてみたところ、「非常に感じる」という人が20.2%、「感じる」という人とあわせると3人に2人(66.1%)の人が「生きる力の必要性を感じている」と回答していることが判明。実際に「自分らしく生きるために実践したこと」を尋ねたところ、「周りに流されすぎない」「思い立ったらやる」などの意見が集まりました。

■自分らしく生きるために実践したことは?

・46歳:資格を習得するために情報を収集している
・49歳:仕事と家庭をバランスよく保つ
・40歳:周りに流されすぎない
・48歳:早期リタイアに向けて投資
・43歳:趣味を絶やさない
・49歳:思い立ったらやる
・46歳:好きではない人と無理に連絡するのをやめた

40〜50代男女の3割以上が「第二の人生キャリアを積極的に築きたい」

40〜50代キャリアの人たちは、今後どのような定年後の人生(第二の人生)を考えているのでしょう。アンケートによると「定年後の人生もキャリアを積極的に築きたいと考えている」という人は31.2%、「考えていない」という人は37.6%という結果に。ちなみに「考えている」と答えた人のほとんどが「今後自分磨きをすることで、その後のキャリアを豊かにする」と考えていることがわかりました。

■定年後の人生(第二の人生)を今後歩むにあたって自分磨きをすることがその後の自分のキャリアを豊かにすることにつながると思いますか?(上の質問で「考えている」と回答した34人に質問)

・非常に思う(35.3%)
・思う(55.9%)
・あまり思わない(8.8%)

■自己投資を行い、自分が変わることでチームや組織、周りの人たちに大きな変容をもたらすことができると思いますか?(上の質問で「非常に思う」「思う」と回答した31人に質問)

・できると思う(71.0%)
・できると思わない(12.9%)
・どちらでもない(16.1%)

2020年は多くの人にとって試練の年になりました。今後先行きが見えない状況の中で、自分らしく生きることの重要性を改めて感じた人も多いのではないでしょうか? 多くの人が人生を見直し「自己投資」「自分磨き」の必要性を感じ、それがキャリアアップに繋がり、今後の人生に生かすことができると考えているようです。また自分らしく、生活を楽しむことももちろん大切ですね。このコロナ禍でこそ、その逆境に負けない、自分らしい生き方を身につけたいですね。

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定