「バイプレイヤーズ」が映画化、ドラマ放送も! 佐々木希&高杉真宙&向井理も出演決定

2

2020年11月27日 06:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真映画『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画をつくったら〜』(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会ドラマ24 「バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜」(C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会
映画『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画をつくったら〜』(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会ドラマ24 「バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜」(C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会
テレビ東京で放送された「バイプレイヤーズ」シリーズの映画が来年春頃公開されることが決定。さらに、1月からはTVドラマも放送することが分かった。

遠藤憲一、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研、そして故・大杉漣さんと、日本の映画・ドラマ界に欠かせない名脇役が本人役で出演する「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」、「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」が放送され、大きな話題を呼んだ本シリーズ。

今回は完全新作シリーズとして、ドラマ24での放送&待望の映画化が決定。田口さん、松重さん、光石さん、遠藤さんをはじめ、超主演級キャストから超曲者役者まで老若男女合わせて総勢100名以上が本人役で出演。

ドラマ&映画第1弾キャストとして、今回は元祖バイプレイヤーズのメンバーを含め41名を一挙発表! 阿部亮平、安藤玉恵、石丸謙二郎、宇野祥平、柄本時生、大倉孝二、小沢仁志、尾美としのり、勝村政信、加藤諒、金子大地、北香那、近藤芳正、佐々木希、宍戸美和公、志田未来、杉野遥亮、醍醐虎汰朗、高杉真宙、滝藤賢一、田中要次、津田寛治、寺島しのぶ、長谷川京子、濱田岳、林泰文、原田龍二、ふせえり、堀内敬子、観月ありさ、向井理、村田雄浩、本宮泰風、森下能幸、りょう、六角精児、渡辺いっけいと、若手からベテランまで、豪華な顔ぶれだ(※50音順)。


舞台は、都会からはなれた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。ここに各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動が描かれる。

田口さんは「今回はゴージャスすぎる顔触れの''バイプレイヤーズ・フェスティバル"!これはもう贅沢を超えた空前絶後のミラクル・キャスティングです!逆に、コロナ禍でみんなスケジュールが空いていたから実現出来た!?大変な時期ですが、この奇跡的な顔触れ&内容のネクスト『バイプレイヤーズ』で、新たな面白さと癒しをお届け出来ればと思います」と新たなキャストについてコメントし、松重さんは「若い方から年寄りまでいろんな俳優さんが次々に出てきます。『俳優名鑑』というハンドブック片手にご覧いただければ、好みの役者の名前を覚えて、出演作を辿る。そんな愉しみ方があるかも知れません」と新たな愉しみ方を提案。

光石さんは「バイプレイヤーズは、漣さん抜きでは考えられません。漣さん抜きでは成立しないと思ってました。でも漣さんなら『俺出ないけど、やってよ研ちゃん』って仰るんじゃないかと思いました。漣さん、バイプレイヤーズを愛していたから。今回、同じ意志を持った、あんな人もこんな人も集いました!」と思いを明かす。遠藤さんも「はじめは大杉漣さんのいないバイプレはどうなっちゃうのかなと思いましたが、ものすごい人数の俳優さん達がワイワイガヤガヤ楽しんで参加してくれて、漣さんも笑って見ていてくれているんじゃないかなと言う気がしています。自分の役はフィリピンに憧れて、向こうでデビューしようと奮闘します」と語っている。

映画『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画をつくったら〜』は2021年春、公開予定。

ドラマ24「バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜」は2021年1月、テレビ東京系にて放送予定。

(cinemacafe.net)

このニュースに関するつぶやき

  • 大杉さんが亡くなって久しいけど、こうやって動きがあると寂しさも感じながら嬉しいですね。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定