『ARIA The CREPUSCOLO』、OP&EDを安野希世乃が担当!オリキャラで出演も

0

2020年11月27日 12:02  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
2021年春の劇場上映が予定されている完全新作アニメーション『ARIA The CREPUSCOLO』のオープニング&エンディングテーマを声優・アーティストの安野希世乃が担当することが決定した。

安野が歌うOPテーマのタイトルは「フェリチータ」、EDテーマは「echoes」。本作のOP&EDテーマを担当するにあたり、安野は「時を超えて多くの人に愛され続けている『ARIA』シリーズ…今作の美しい作品世界の一部に、このたび音楽を通じて関われると伺った時は心底驚きましたし、飛び上がるほど嬉しかったです!ARIAの世界を彩る一部になれるなんて…こんなに嬉しいことはありません。この出逢いに、心から感謝しています」と、喜び溢れる心境を語っている。

さらに、安野は本作のアーティスト参加に加え、原作者・天野こずえによる本作描き下ろしオリジナルキャラクターのアレッタ役で出演することが決定した。安野は「今日まで長く愛されてきたARIAの美しい作品世界の一部に自分も加われるんだ!ととても嬉しく思いました。今回の新作劇場版に、今の自分が参加できる驚きと嬉しさを、収録を終えた今でも噛み締めています」とコメントを寄せている。

■風追配達人(シルフ)・アレッタ cv. 安野希世乃
一人前を目指して練習の日々を送る風追配達人(シルフ)の少女。幼い頃から風追配達人(シルフ)に憧れ、いつか今よりも高くて遠いところまで飛びたいと夢見ている。アーニャとは幼なじみ。

また、『ARIA The CREPUSCOLO』電子年賀状キャンペーンの実施も決定。12月25日(金)23:59までに登録すると、2021年1月1日頃に同作のキャラクター・デザインを担当した伊東葉子描き下ろしイラストを使用した電子年賀状が全員に届けられる。

『ARIA The CREPUSCOLO』は、2021年春の劇場上映予定(配給:松竹ODS事業室)。各詳細は公式サイトにて。

(C)2020 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

    オススメゲーム

    ニュース設定