広瀬アリスが体現したリアリティ溢れる“一般女性”

0

2020年11月27日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『サイレント・トーキョー』より広瀬アリスの場面カット(C)2020 Silent Tokyo Film Partners
映画『サイレント・トーキョー』より広瀬アリスの場面カット(C)2020 Silent Tokyo Film Partners
 俳優の佐藤浩市が主演、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也らが共演する映画『サイレント・トーキョー』(12月4日公開)。本作から、広瀬アリスが演じる会社員・高梨真奈美の場面写真とメイキング写真が29日、解禁になった。

【別カット】興味本位で事件現場を見に行く真奈美演じる広瀬アリス

 本作の舞台はクリスマス・イブの東京。突如勃発した連続爆破テロ事件でパニックに陥り、事件に巻き込まれていく登場人物たちの思惑が交錯するサスペンスストーリーで、事件を起こすもの、事件に翻ろうされるもの、それぞれの視点が99分ノンストップで切り替わり展開される群青劇で描かれる。

 広瀬が演じる真奈美は、クリスマス・イブになかなか予約が取れない渋谷のレストランへ向かう道中、混乱極める渋谷スクランブル交差点へと興味本位で足を運び、事件に巻き込まれる役どころ。

 解禁写真は、混乱する表情を見せる真奈美の姿が切り取られたもの。言葉にすることのできない絶望にさいなまれ、未曽有の事件の残響を感じ取ることができる。広瀬は役作りの前に、衣装合わせで身につけるものを一つひとつ波多野貴文監督と相談。大人へと歩みを始めた一般的な20代女性の真奈美を作り上げていった。クリスマスに浮足立つ、事件の被害者となり非日常へと変ぼうし、リアリティ溢れる一般女性を体現した広瀬の演技にも注目したい。
    ニュース設定