武田玲奈、誰とも会わずに撮影した主演作『真・鮫島事件』に自信 「新しいタイプのホラー」

1

2020年11月27日 23:21  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『真・鮫島事件』初日舞台あいさつに登場した武田玲奈  クランクイン!
映画『真・鮫島事件』初日舞台あいさつに登場した武田玲奈  クランクイン!
 女優の武田玲奈が27日、都内で開催された映画『真・鮫島事件』初日舞台あいさつに出席。武田は、コロナ禍において主演作が完成して公開を迎えたことに「本当に感謝したい気持ちでいっぱい」と白い歯を見せた。

【写真】武田玲奈、純白の衣装で登場 『真・鮫島事件』初日舞台あいさつの様子

 平成のネット史で最大の闇と言われる「鮫島事件」を題材にした本作は、噂話の恐怖がリモート部活会を通じて広がっていき、家や外で同時に巻き起こる恐怖を描く。武田は主人公の佐々木菜奈を演じる。この日は共演した鶴見萌、主題歌を務めた清水理子(虹のコンキスタドール)、永江二朗監督も出席していた。

 ホワイトドレスで登場した武田は「こういう風に公開出来て、そしてこういう風に舞台あいさつを出来ることが、まず本当に珍しいことだと思うので、本当に感謝したい気持ちでいっぱい」とコメント。「撮影してから本当に日が経っていないので、編集とか大変だったと思うんですけど、本当にお疲れ様でした」と笑顔でスタッフを労った。

 コロナ禍のリモート撮影だったため、誰とも直接会わずに画面に向かって演技していたという武田。霊感があるか質問されると「見たことはないんですけど…旅館とかに行って、この部屋だけ気持ち悪いなみたいなのは、ふわっと感じたことはあります」と返答。「気が悪いのか、雰囲気が悪いのかわからないですけど、幽霊のせいなのかはわからないですけど…『ちょっとやだなあ』とかはありますね」とも。一方の清水は「イベントとかで、“ここの会場に行くと、絶対に熱が出る”みたいなところがあって。毎回、体調が悪くなったりするんですよね」というエピソードを明かして、武田や鶴見を驚かせた。

 最後に武田は「こういう情勢ならではの、新しいタイプのホラーになっております。私も見て、本当に怖くて。目を何度も逸らしたくなったんですけど、皆様はぜひ、目をそらさずに、じっくりとこの恐怖を、一緒に味わっていただけたらなと思います」と作品の仕上がりに自信をのぞかせていた。
    ニュース設定