阪神から戦力外の伊藤隼太が合同トライアウト参加をSNSで報告「しっかり準備をしていきます」

7

2020年11月28日 00:14  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真2018年、右越えに本塁打を放つ阪神・伊藤隼=静岡
2018年、右越えに本塁打を放つ阪神・伊藤隼=静岡
◆ トライアウトは12月7日に神宮球場で開催

 阪神から戦力外通告を受けた伊藤隼太選手(31)が27日、12月7日に行われる12球団合同トライアウトを受けることを、自身のSNSアカウント(ツイッターとインスタグラム)で表明した。

 2011年のドラフト会議で1位指名を受け、慶應大から阪神に入団した伊藤だったが、ここ2年は一軍での出場機会がなく、今月4日に戦力外通告を受けていた。

 伊藤は自身のSNSアカウントを更新し、「昨日(26日)、正式にトライアウトの参加手続きを済ませました!」と報告。「トライアウトまで残り10日程度ですが、これまでやってきたことを出し切れるようにしっかりと準備をしていきます。自分の想いだけでなく、自分のことを応援してくれている全ての人への感謝の気持ちを込めてプレーするつもりです!」と続けた。

このニュースに関するつぶやき

  • 合併球団は育成で獲って一年置いても良いのではないか。故ノムヒョン氏によると、阪神OBとの飲み会を絶てば化ける素材が沢山いるらしい。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 上手くいけば良いけどね。
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定