奥田民生が“たったひとり”で描く無限の開放感『ひとり股旅 2020』最終日ライブレポート

1

2020年11月28日 11:02  ウレぴあ総研

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真 Photo by Kenji Miura
Photo by Kenji Miura
「今日はみなさま、たくさん来ていただきまして、ありがとうございました! 今回はいろいろなことがありまして──もともとは今日のZeppも、本当は別のツアーをする予定でしたが、まあこんなことになったので、弾き語りでやっております。まあでも、何と言うか、できてよかったです!」……11月25日、Zepp Tokyo。

『ひとり股旅 2020』ライブフォトをもっと見る

アコースティックギターを抱え、舞台上にひとり佇む奥田民生の飾らない言葉は、「困難な時代に対峙するがゆえの複雑な想い」と「それでもオーディエンスを目の前にしてライブを開催できる喜び」とを、実にリアルに物語っていたのが印象的だった。

1998年の初開催以来、バンド編成のアクトとともに奥田民生のライブの定番スタイルとなっている、たったひとりの弾き語りワンマンライブ=『ひとり股旅』。

終わりの見えない新型コロナウイルス感染拡大の影響により、ライブ活動が軒並み中止・延期や規模縮小、あるいは無観客での開催を余儀なくされてきた2020年の状況の中、今回のツアー『ひとり股旅 2020』全6公演は全公演着席&ソーシャルディスタンスを実現した上で、有観客&LINE LIVE-VIEWING生配信という形での開催の運びとなった。

「内野席」(来場チケット)、「外野席」(配信視聴チケット)、「パネル席」(グッズ付き配信視聴チケット)という粋なチケットのネーミングからも、この特殊なライブを送り手も観客も一緒に楽しみきろうとする意欲が窺える。

そんな『ひとり股旅 2020』のファイナルを飾った、今回のZepp Tokyo公演。

複数のギターやキーボード(SE用)、オープンリールのテープレコーダーなど機材が所狭しと並んだ舞台に、作務衣&頭にタオル巻きという「ひとり股旅」お馴染みの出で立ちで奥田民生が登場。

アコギを構え、「はい、奥田民生です。よろしくお願いします」という短い挨拶とともに披露した最初の曲は、2000年のアルバム『GOLDBLEND』収録曲“近未来”だった。

ギターをかき鳴らし《あー教えて下さいよ 僕らの近未来を》と伸びやかに歌うフレーズが、前代未聞のコロナ禍に見舞われた2020年を映し出しているようで、思わずゾクッとする。

さらに続けて、「1会場1曲録音」を敢行した2010年のレコーディングツアー「ひとりカンタビレ」の象徴的楽曲“解体ショー”。

《こんだけのネタで 成り立つショーさ》という歌詞とは裏腹に、弾き語りという最高にシンプルな形でもマジカルな訴求力を発揮する演奏は、あたかも「奥田民生というポップの謎」そのもののように観客をその歌世界へと惹き込んでいく。

“何と言う”(2004年シングル曲)や“羊の歩み”(『GOLDBLEND』収録)、“股旅(ジョンと)” (1998年アルバム『股旅』)と自らのキャリアの時系列を自在に行き来したり、曲の合間にグラスの酒をぐびりと飲んだり、客席最前列に配置されたバルーン人形「ハバレロくん」を紹介したり、「配信のみなさま、こんばんは!」とカメラ越しに「外野席」「パネル席」の観客に挨拶したり……といった具合に、MCも演奏もマイペースで進んでいくこの日の『ひとり股旅』。

焦燥感や爆走感とは一線を画した奥田民生のライブでも、『ひとり股旅』での時間は心地好くゆるやかで、それでいてその随所に確かな歌の底力を感じさせる。

「久々な曲をやったりして、『いいね』と。『このご時世にも合ってるね』っていうのもあったんだ」という前置きとともに歌い始めたのは“カイモクブギー”(2008年アルバム『Fantastic OT9』)。

予測不能な時代を《いまや何もかんもゼッするぜ まさにこれ小説よりキナリ》のフレーズで指し示しながら、ギターのボディをコンコンと叩いて会場のクラップを誘ってみせる。

■ユニコーンのナンバー披露も!ライブは2部へ

ルール無用の自由な選曲も、『ひとり股旅』の大きな魅力だ。

ユニコーン・EBIの生誕50周年記念ライブ「EBI50祭“海老乃大漁祭”」(2015年)の祭囃子的ナンバー“TAIRYO”から、渋い低音域を聴かせた“私はオジさんになった”、さらに90年代の人気曲“車も電話もないけれど”とユニコーンのナンバーを連発。

感染予防の観点から、歓声や会場一丸のシンガロングこそないものの、会場もリモート観覧も超えた大らかな一体感を、肩肘張らないその歌と演奏は力強く描き出していた。

二部構成のこの日のアクトはここで「1部」終了、15分ほどのブレイクを経て始まった「2部」では民生がポジションチェンジ。

プライベートスタジオ「ヘロスタジオ」をそのまま舞台上に持ってきたような機材群とともに、アナログDIY宅録シリーズ「カンタンカンタビレ」を彷彿とさせるスタイルでスタートした。

背後に緑のスクリーンを下ろし、ビジョンに映し出された自分の背景に「マキシマム ザ ホルモンから届いた花輪」や「事前に撮ってきた東京タワーや観覧車」の写真をクロマキー合成したところで、「これにオケが入ってるので、それに合わせてやってみようと思います」とオープンリールを再生して、THE COLLECTORSへの提供曲“悪い月”を披露。

「カンタンカンタビレ」で自ら全パート演奏&録音していたドライブ感満載のトラックに、滋味とロック感を備えた民生の歌が重なり、ダイナミックな躍動感を生み出していった。

「今年あんまり仕事してないけど、やった中のひとつです」とミキサーを操作しながら高らかに響かせたのは、アニメ『ハクション大魔王2020』の主題歌“サテスハクション”。

グラマラスなバンドアレンジと『ハクション大魔王』の世界観を共存させ、それを軽快なロックナンバーとして歌いこなす、という二重三重の離れ業が、一見ラフなパフォーマンスからも明確に滲んでくる。

“トキオドライブ”に続けて、東京スカパラダイスオーケストラの“Paradise Has No Border”カバーを、まさかのスライドホイッスルで演奏。

「これね、やるたびに下手になってく気がするんですけど……」と本人は苦笑しきりだったが、懸命に音程を取ろうと奮闘する民生の姿が、この日のライブの珠玉のスパイスになっていたことは間違いない。

そして、リズムボックスの刻むビートをバックに“最強のこれから”。熱くギターをかき鳴らしながら響かせる剥き身の熱唱が、強く深く胸を震わせた。

■「タイムライン合唱」が巻き起こったライブ終盤、会場外に歌を委ねたアンコール

まさにこのライブ当日、2021年1〜2月のバンドツアー『MTRY TOUR 2021』の開催を発表したばかりの奥田民生。

「こんな感じのやつを6本ほどやりましたけども。この先どうなるかわかりませんし……一応バンドのツアーも決まりましたけど、わかんないですからね。考えながらやろうと思います。またよろしくお願いします!」と『ひとり股旅』を振り返りつつ「これから」への展望を語ったところで、ライブは早くも終盤へ。

「結構いろんな曲を今回やったんですけども。何がウケたんだろうな? やっぱり“KING of KIN”かな? ……拍手が少ねえなあ(笑)」と会場の観客をいじりつつ、稀代のビフィズス菌賛歌“KING of KIN”を経てユニコーンの名曲“すばらしい日々”、さらに“さすらい”と惜しげもなく名曲を立て続けに披露。

割れんばかりのシンガロングの代わりに、配信観覧のオーディエンスが歌に合わせて歌詞をコメント欄に投稿する「タイムライン合唱」が巻き起こり、ライブの終幕を晴れやかに彩っていた。

「みなさん、良いお年を!」の民生の挨拶で『ひとり股旅』終演──かと思いきや、一時退場することなくそのままアンコールに突入。

「現場ではそんなに歌えないんですけど、みなさん歌ってください!」とカメラ越しに「配信組」の観客の合唱を誘ったところで、この日ラストに奏でた楽曲は“イージュー★ライダー”! 冒頭からカメラ目線で「はいどうぞ!」と呼びかけ、《何もないな 誰もいないな》の口パクで会場外のオーディエンスに歌を委ねてみせる民生。

やがて、雄大な民生の歌が会場のクラップと溶け合い、Zepp Tokyoを音楽の祝祭空間へと塗り替えていく。

「たったひとりの弾き語り」というプリミティブな音楽表現が、奥田民生というアーティストの不屈の音楽愛とユーモアによって、マニアックな宅録技術もライブ生配信というフォーマットも内包する至上のエンタテインメントとして結晶した、最高の一夜だった。

■セットリスト

1部
SE:ブルームーンギャラクティカ
01. 近未来
02. 解体ショー
03. 何と言う
04. 羊の歩み
05. 股旅(ジョンと)
06. カイモクブギ―
07. TAIRYO(UNICORN曲)
08. 私はオジさんになった(UNICORN曲)
09. 車も電話もないけれど(UNICORN曲)

-休憩-

2部
10. 悪い月
11. サテスハクション
12. トキオドライブ
13. Paradise Has No Border(東京スカパラダイスオーケストラ曲)
14. 最強のこれから
15. KING of KIN
16. すばらしい日々(UNICORN曲)
17. さすらい

ENCORE
En-1. イージュー★ライダー

ライブツアー『ひとり股旅 2020』
11月17日(火) 【東京】EX THEATER ROPPONGI
11月18日(水) 【東京】EX THEATER ROPPONGI
11月20日(金) 【福岡】Zepp Fukuoka
11月22日(日) 【広島】広島上野学園ホール
11月23日(祝月) 【大阪】Zepp Namba
11月25日(水) 【東京】Zepp Tokyo

見逃し配信
配信終了約1時間後〜1週間後23:59までお好きな時間に何度でもご覧いただけます。

ライブ映像プレイリスト
ツアー「ひとり股旅2020」各地のライブ映像から1曲をチョイスしYouTubeで随時公開中!

■ライブ情報

全国11か所をまわる、バンド編成(MTR&Y:奥田民生・湊雅史・小原礼・斎藤有太)でのツアー開催決定!

奥田民生『MTRY TOUR 2021』

1月31日(日) 【山梨】YCC県民文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
OPEN16:00 / START17:00
問) DISK GARAGE 050-5533-0888

2月5日(金) 【北海道】カナモトホール(札幌市民ホール)
OPEN18:00 / START19:00
問) WESS 011-614-9999

2月8日(月) 【東京】昭和女子大学 人見記念講堂
OPEN18:00 / START19:00
問) DISK GARAGE 050-5533-0888

2月11日(木/祝) 【宮城】東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)
OPEN17:00 / START18:00
問) キョードー東北 022-217-7788

2月13日(土) 【群馬】ベイシア文化ホール(群馬県民会館)
OPEN17:00 / START18:00
問) ラウンド・アバウト 03-6418-7205

2月15日(月) 【岡山】倉敷市民会館
OPEN18:00 / START19:00
問) YUMEBANCHI(岡山) 086-231-3531

2月16日(火) 【福岡】福岡市民会館
OPEN18:00 / START19:00
問) キョードー西日本 0570-09-2424

2月18日(木) 【兵庫】神戸国際会館 こくさいホール
OPEN18:00 / START19:00
問) 清水音泉 06-6357-3666

2月20日(土) 【静岡】富士市文化会館 ロゼシアター
OPEN17:00 / START18:00
問) ラウンド・アバウト 03-6418-7205

2月23日(火/祝) 【長野】上田市交流文化芸術センター サントミューゼ
OPEN17:00 / START18:00
問) キョードー北陸 025-245-5100

2月26日(金) 【東京】府中の森芸術劇場 どりーむホール
OPEN18:00 / START19:00
問) DISK GARAGE 050-5533-0888

※政府が定めた収容率制限内での開催。(開催月時点)

※新型コロナウイルス感染予防対策を万全にした公演を行います。
※公演ガイドラインは『MTRY TOUR 2021』特設サイトをご覧ください。
    ニュース設定