ユーミン『金スマ』出演で中居正広の成長を実感「すっかり押しも押されもせぬ司会者」

0

2020年11月28日 16:51  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真4年前にSMAPと共演した松任谷由実に中居正広がお礼を述べる一幕も
4年前にSMAPと共演した松任谷由実に中居正広がお礼を述べる一幕も
シンガーソングライターの“ユーミン”こと松任谷由実(66)が、11月27日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に初出演した。司会の中居正広(48)とユーミンが番組で共演したのは、2016年10月31日放送の『SMAP×SMAP』以来4年ぶり。『金スマ』の放送終了後、ユーミンはツイッターで中居の司会ぶりを絶賛している。

【この記事の他の写真を見る】

『SMAP×SMAP』の番組終了が発表されたのは2016年8月のこと。ユーミンが同番組の収録に参加したのは、そのすぐ後であろう。出演したのはゲストがSMAPのメンバーと一夜限りのステージを繰り広げる「S-Live」のコーナーで、彼女のアルバムから『Smile for me』と1980年代を代表するユーミンの名曲『守ってあげたい』をSMAP5人とコラボした。ユーミンがSMAP一人一人の目を見ながら語りかけるように歌う姿は当時、大反響を呼んだ。

この放送が終わった直後、『松任谷由実 Official(yuming_official)ツイッター』で「スマスマの収録に向かうレインボーブリッジの上で、たまらなく悲しくなった」「純粋なファンという人たちの気持ちが、生まれて初めて理解できたような気がした」とツイートしたユーミン。メンバーそれぞれに手紙を書き、楽屋に置いたことも明かしている。続けて「1度でも成功を手にしたアーティスト、ましてやスターは、栄光と同じだけの不条理も受け入れなくてはならないのだ」と、SMAPとの共演で感じた思いを綴っていた。


『金スマ』の冒頭、中居正広は「スマスマの、だからあの年、ヤベー年、いや、ヤベー年じゃない。ガシャガシャした年」と当時を回想し、「本当にあの時はありがとうございました」と席を立ってお辞儀をしてユーミンに感謝を伝えた。同番組ではテレビ初告白のジブリ秘話や自宅写真の公開、中居がどうしても聞きたかった“自身の引退について”、“桑田佳祐、中島みゆきへの思い”など、仕事のことからプライベートに関することまで盛りだくさんの内容だった。

久しぶりの番組共演となった中居を、「すっかり押しも押されもせぬ司会者。もうすぐ日本一かも!?」と放送終了後にツイッターで褒め称えたユーミン。このツイートに「4年前…SMAP5人と私達ファンをたくさんの優しさで包み込んでくださったこと忘れません」「スマスマでの共演。今でも鮮明に思い出す事ができます。私達ファンも救われた一時でした」「あの日にスマスマで歌ってくださった守ってあげたいはずっと心にあります。寄り添ってくださってありがとうございました」と、SMAPファンから多数の感謝の声が寄せられている。

画像2、3枚目は『松任谷由実 Official 2020年11月27日付Instagram「お久しぶりの中居くん、すっかり押しも押されもせぬ司会者。」、2020年10月9日付Instagram「New!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)
    ニュース設定