ドラえもん50周年イヤーで空前の大ブーム 昨年12月から1年間のコミックス&関連本の発行部数が500万部を突破

8

2020年11月28日 17:28  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ドラえもん0巻(関連記事)
ドラえもん0巻(関連記事)

 小学館は、連載開始50周年を記念して発売された『ドラえもん』の0巻をはじめ、数々の記念出版物の刊行と書店フェアにより、2019年12月〜2020年11月までの『ドラえもん』のコミックスおよび関連本の発行部数が、500万部を突破したことを発表しました(※数字はすべて電子版を含まない、紙のみの発行部数)。



【12月1日発売の愛蔵版全45巻セット『100年ドラえもん』】



 中でも特に、原作漫画のてんとう虫コミックス『ドラえもん』シリーズは、この1年間の発行部数が141万部超と、目覚ましい数字を記録。またこのブームの牽引役となった『ドラえもん』0巻は、発売から1年間で累計63.1万部を突破しました。



 『ドラえもん』全45巻は重版に次ぐ重版を実施する状況が続いており、2020年3月にはコミックス第1巻の売上が1カ月で1.1万部超を記録し、単月実売数としては21世紀最大の売上を記録したそうです。



 ちなみに上記数字には含まれないものの、12月1日発売の愛蔵版全45巻セット『100年ドラえもん』は、税別7万円という高額商品にもかかわらず、1万セットを大きく上回る受注があったとのことです。



 現在も50周年イヤーは継続中。公開中の映画「STAND BY ME ドラえもん 2」に合わせて、全国の書店ではドラえもん関連本を買うと「ちょっとしたシールつき なんてことないティッシュくじびき」に参加できるキャンペーンが実施されています。詳細は公式サイトにて。



 ほかにも50周年企画として、「映画ドラえもん」シリーズを網羅した『映画ドラえもん超全集』が11月25日に発売。さらに、12月1日にはのび太にフィーチャーした豪華付録満載の「てれびくん増刊 のび太くん」、2021年2月にはドラえもん初の本格原画集『THE GENGA ART OF DORAEMON(仮称)』が発売予定となっています。



(c)藤子プロ・小学館



(c)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners


このニュースに関するつぶやき

  • 本屋に行かないから、ドラえもん50周年関連書籍がこんなにいろいろ出ていることを知らなかったよ。やっぱり本屋に行かないとだなぁ。
    • イイネ!15
    • コメント 2件
  • 本屋に行かないから、ドラえもん50周年関連書籍がこんなにいろいろ出ていることを知らなかったよ。やっぱり本屋に行かないとだなぁ。
    • イイネ!15
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定