星座×タロットで占う【12月の運勢】立花アンの「フォーチュン・メッセージ」

6

2020年11月28日 17:31  占いTVニュース

  • 限定公開( 6 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

占いTVニュース

写真写真

――占い師・立花アンが、12月の運勢を星座×タロットで導きます!


■牡羊座……刺激的な幕開け! 自信みなぎる自分へ
 12月は牡羊座にとって刺激的な幕開けとなるでしょう。新しいチームから声をかけられたり、今までとは異なるタイプとの出会いもありそうです。ただ、12月の刺激は、不安定な要素も含んでいます。刺激が生み出す変化に対して抵抗や戸惑いが強く、撃的になったり、自分の殻に閉じこもってしまうかもしれません。けれどあなたは、これまでさまざまな経験を通して自分の武器を手にしてきたはず。不安に飲まれることなく、自信を持ってあなたらしく振る舞いましょう。新しい状況に慣れた頃、あなたは一回り成長しているはず。


 そんなあなたに【3.女帝の正位置】のカードからメッセージです。「突っぱねるのではなく、『受け入れてみる』『取り入れてみる』。そうすることで、心がより豊かになれます。ゆったりと構えて、今ある恵を受け入れてみてください」


■牡牛座……1年頑張った自分を褒めてあげて
 2020年は試行錯誤と挑戦の1年だった牡牛座。慣れないことにも工夫をし、先が見えなくても諦めずに頑張ってきたはずです。12月は、そんなあなたを褒めてあげたい1カ月。まずは、「よく頑張ってきた」と自分で自分を褒めましょう。2021年以降の牡牛座は、これまでの頑張りの成果が出る1年になります。まだ手放しで実感できないかもしれませんが、だからこそ12月は、2020年の成功体験を思い返してほしいのです。また、一緒に頑張ってきた仲間や、応援してくれた人への感謝はストレートに伝えて。これからもよろしくと、お互いをねぎらい、褒め合いましょう。


 そんなあなたに【10.運命の輪の正位置】のカードからメッセージです。「課題や改善点はあれど、大きな方向性は間違っていません。迷わなくて大丈夫。目の前にあることを1つずつ大切にしていきましょう。それを繰り返していくことで、確かな未来を手にできるでしょう」


■双子座……修行を終えて、心も軽やかに
 この1年を振り返ると、身動きが取りにくく、なかなか苦戦した双子座。または、古くからの悩みがあったり、傷ついた体験をした人もいるかもしれません。12月は、そういったものから解き放たれるタイミングがやってきます。これまでの取り組みは、ある意味で修行のようなもの。12月は、「次」を考えられるステージアップのときです。とはいえ、すべてが順調とは限らず、取り組むべき課題はあるのですが、それでも心はなんとなく軽やかになっていくのです。心がちょっぴりさみしかった人は、ほっとあたたまるような愛の時間も訪れる予感です。


 そんなあなたに【20.審判の正位置】のカードからメッセージです。「前を向いて。いずれ結果オーライと思える日がくるはずです。未来を示してくれるサインを見逃さないように。過去を振り向かず、意識は未来へ。これからできることにワクワクしてください」


■蟹座……“目標”という山登りの休憩タイム
 2020年の蟹座は、目標実現のため、一生懸命向き合ってきたと思います。それでもきっと、まだ道半ば。目標や理想はもう少し先にあるはずです。けれど12月は、一休みしたいとき。山登りもずっと歩き続けるより、休憩を挟んだほうが気力体力もチャージされますよね。来年は蟹座にとって、さらに物ごとに打ち込む時期になるので、この1カ月はそれに向けた準備期間と考えてください。また、出会った人たちを大切にしていく、そんな12月でもあります。笑顔で笑い合える時間を作って「今日もなんて幸せなんだろう」そんな風に過ごしてほしい1カ月です。


 そんなあなたに【2.女教皇の正位置】のカードからメッセージです。「心と身体を鎮めて。余分なものは振り落として、キレイに洗い流しましょう。深呼吸をして落ち着きを得たとき、あらためて見えてくるものもあります。あなたの知恵と知識を活かして」


■獅子座……休んでいるうちに声がかかる不思議
 ここ1〜2年を振り返って大きな変化の中にいた獅子座。そんなフェーズが12月に終わりを迎えます。まずはこの激動の中を頑張って生きてきた自分を褒めて、ご褒美をあげましょう。プレゼントでもいいし、遊びでもOK。おいしいものを食べたり、たくさん寝る日を作っても◎です。そうしているうちに、自然と周りから声がかかってきます。それは今後の獅子座を未来へ導いてくれる声であったり、ヒントを投げてくれるつながりだったりします。12月はご褒美をあげて休みつつ、周りの声に耳をすましてみてください。


 そんなあなたに【17.星の逆位置】のカードからメッセージです。「どこに向かっているのかわからなくなっても、自分を責めなくて大丈夫。未来は誰にもわからないものです。心から光が消えないよう、不安になったら純粋な願いを思い出して」


■乙女座……寄り道で得たものは何?
 12月の乙女座は「勤勉」の1カ月。これは、がむしゃらに働くという意味ではありません。ここ最近の乙女座は、いろいろな冒険をしてきたと思います。普段は計画を立て進む乙女座が、ちょっと寄り道を楽しんでみたり、未知なる分野に無計画で挑戦したり。今のあなたは、冒険を通して得たもの、経験や見聞きしたことなどを深めたいという気持ちが強くなっているはず。今月は、その中から何を深めていくのか、それを見つけていく1カ月になりそうです。


 そんなあなたに【0.愚者の逆位置】のカードからメッセージです。「目標や計画性は、必ずしも持たなくてはいけないものではありません。しかし、アドバイスには耳を傾けたほうがいいでしょう。余計な悩みや心配を消してくれることもあります」


■天秤座……理想と現実がマッチした未来に目を向けて
 居心地のいい居場所を求めてきた天秤座。12月は、そのこだわりが強くなり、主張も激しくなります。人との関わりにおいて強引になりやすいときなのです。こだわりや思い入れが強いことを譲れなかったり、無意識に相手に押しつけているかもしれません。けれど、今はまだ思い切りやりたいようにはできないタイミング。理想の現実のギャップがある“今に”とらわれてじたばたするのではなく、理想と現実がマッチした“未来”に意識を向けましょう。「未来のための準備の期間」くらいに思って過ごしてみると、日常の幸せを見つけやすくなるでしょう。


 そんなあなたに【11.正義の正位置】のカードからメッセージです。「あなたにとっての『正しいこと』が、いつもみんなにとっての『正しいこと』とは限りません。正義を押し付けそうなときは、周りと距離を置いてみることです」


■蠍座……守りたいものを守る幸せ
 12月の蠍座は「守りたいものを守る」1カ月。守りたいものを実感し、大切にしたい、これからも守っていきたいという気持ちが芽生えます。それは必ずしも人とは限らず、環境や時間などかもしれません。いずれにせよ、あなたにとって価値あるものと精一杯向き合いたい気持ちになるのでしょう。責任感やプレッシャーを感じてつらいときは、手を抜けるところを探して。常に気を張るのではなく、頑張るところ、ほどほどにするところと、メリハリをつけましょう。また、これまでつらくても継続してきたことがある人は、続けてきてよかったと思える瞬間も訪れるでしょう。


 そんなあなたに【8.力の逆位置】のカードからメッセージです。「思い通りにコントロールしようとすると、窮屈になってしまうかもしれません。完璧でなくてもいいのです。あなたも完全でなくていいのです。少しくらい恥ずかしいところがあるぐらいが、人間味があるというものです」


■射手座……もっと自由に自分があらわれる
 ここ最近腰の重かった射手座も多かったと思いますが、12月から少しずつ動きが出てきます。取り巻く環境も、気持ちの面でも、いい意味で刺激を求めたり、いつもと違う景色を見たい、あるいはもっと自由に動きたい、そんな気持ちが高まっていくのです。自分自身を犠牲にしてきた人は、ようやく自分の好きなことに着手できるでしょう。形はそれぞれですが、あなた自身を表現するものとの出会いがありそうです。それを通して、表現方法をより追求したり、広がるようなタイミングです。周りの協力もあるので、やってみたいことがあればぜひ伝えてみてください。後押しを得られるはずです。


 そんなあなたに【21.世界の正位置】のカードからメッセージです。「ときは満ちています。最初から100%の成功なんてありません。少しだけ動いてみること、小さなことでも踏み出してみることで、流れは生まれ、あなたの味方となっていってくれるでしょう」


■山羊座……頑張りが実りとなってリターンされる
 自分自身と向き合うターンにいた山羊座。お疲れ様でした。12月はその頑張りが実りとなって、リターンに変わります。気持ちの面ではまだ不安だったり、落ち着かないかもしれません。けれど、これまで積み重ねてきたものや、手にしてきたもの、それは実績や人脈もそうですが、これからの山羊座の財産となってくれるはずです。今一度見返してみてください。頑張ってきたねと自分を褒めてあげるもよし、自信を集めるもよし。これからどんな発展をしていこうかと、想像を膨らませるにはもってこいの1カ月です。


 そんなあなたに【18.月の正位置】のカードからメッセージです。「細かいことを考えるのはいったんお休み! パーッと遊ぶ日があってもいいのです。あなたが笑顔でいられることが一番です。思い切って自分を出してみて」


■水瓶座……ドタバタの中で大切なものを見つけて
 この1〜2年、激動の中にいた水瓶座。12月はようやく一段落を迎えます。少し休憩したいところですが、休む間もなく「次のこと」を考え始めているのではないでしょうか。2021年以降どこに主軸を置いて生きていくか? たとえば、住まい、仕事、家庭など、まだ決めなくてもあらゆる選択肢をまずは検討をして、試して、希望という可能性の1つを持っていきたい、そんなことを考える1カ月になります。とはいえ、あなたを取り巻く周りは騒がしい1カ月ではありますが、あくまでも大切なのは身近にいる人たち。身近な人と大切な時間を過ごす中で、自然と次が見つかるでしょう。


 そんなあなたに【2.女教皇の正位置】のカードからメッセージです。「迷ったときは立ち止まってみてください。ジタバタしている中では見えるものも見えてきません。立ち止まって深呼吸をすると、あなたの直感も戻ってきます。そして、純粋に求めるものが目の前にあらわれるはずです」


■魚座……アンテナを閉じて感覚が豊かに蘇る
 12月、あなたは1人になって考える時間がほしくなる予感。それは、ここ最近取り入れてきた情報や景色を一度整理する必要があるからです。落ち着きがないままバタバタとすると余計に疲れてしまうもの。いったんあたたかいお茶でも飲みながら、できれば連休はゆっくり寝る時間をとってみたりして、身の回りの整理整頓なんかもしてみて。この1年で得てきてたものはもちろん、古くなっていらなくなったものにも気づくはず。または新しく取り入れた習慣や考えといった感覚を、あなた自身に浸透させ馴染んでいくような時間ともいえるでしょう。


 そんなあなたに【5.法王の逆位置】のカードからメッセージです。「心のマイナス部分へチャンネルが合ったとしても、焦らなくて大丈夫です。深呼吸をして、ゆったりとしたときを感じてください。惑わすものや不安にさせるものにはチャンネルを合わせないよう気をつけるのも、自分を守る手段かもしれません」
(立花アン)


>>NEXT:12月前半の恋愛運第1位は蠍座! LUAが告げる12星座恋の運命


    前日のランキングへ

    ニュース設定