12星座別!2020年12月から2021年3月の金運アップ術【牡羊座〜乙女座】

4

2020年11月29日 20:52  All About

  • 限定公開( 4 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真20年に1度起こるというグレートコンジャンクションにともない、12星座の運勢も大きく変化します。そんな大変換期をどうのりきれば金運アップのチャンスをつかめるのか、考えてみましょう。
20年に1度起こるというグレートコンジャンクションにともない、12星座の運勢も大きく変化します。そんな大変換期をどうのりきれば金運アップのチャンスをつかめるのか、考えてみましょう。

大変換期をどうのりきれば金運アップできる?

2020年12月20日に幸運の星、木星が山羊座から水瓶座へと移動します。土星もほぼ同時期に山羊座から水瓶座に宮を変えているので、20年に一度起こるというグレートコンジャンクションになります。これにともない12星座の運勢も大きく変化します。そんな大変換期をどうのりきれば金運アップのチャンスをつかめるのか、考えてみましょう。

ここでは、牡羊座〜乙女座について、2020年12月から2021年3月の金運アップ術をお伝えします。

牡羊座

人間関係に大きな変化がありそう。もちろん、仕事のクライアントも大きく変わります。クライアントの転勤や移動で、収入源だった仕事がなくなったり、逆に新しく知り合った人と仕事をすることになったり、人間関係とともに、金運も変化するときといえます。

別れは出会いへのプレリュードですから、去る者はおわずと鷹揚にかまえていること。すぐにではないかもしれないけど、金運アップにつながる出会いがあるはず。

●ラッキーアイテム:友達とおそろいのもの

牡牛座

オフィシャル面で大変化が予想されます。仕事が嫌だ、人間関係が嫌だといっていたら、会社そのものがつぶれてしまうなんてことになりかねません。収入がなくなって途方にくれるくらいなら、前向きに仕事をするか、新しい仕事を探すか今のうちからよく考えて行動しましょう。

転職するにもいいときですが、その場合は自分のやりたいことをやること。報酬につられて就職すると長続きしない恐れ。仕事が決まってから退職することも大事。

●ラッキーアイテム:バッジ

双子座

スピーディーな行動で金運をつかめるとき。お金儲けの話が舞い込んだら、すぐに行動すること。ただし、あまりにおいしすぎる話などはあやしいので、双子座の情報収集能力を生かして、まずリサーチすることをお忘れなく。

広い世界に目をむけることも金運アップの秘訣。そのためには語学など学ぶこともマストになってくるでしょう。オンラインでどの国の人ともコンタクトをとれるときですから、それを活用しないという手はありません。

●ラッキーアイテム:小さめのお財布

蟹座

心境の変化が大きそうなのが蟹座。今までケチといわれようとも、一生懸命節約して貯めてきたのに、突然そんな自分が嫌になって大散財するなんてこともありそう。

でも、使うことでお金はまわっていきますから、それが功を奏して、今まで以上に大きな収入をうむ可能性もなきにしもあらずです。今が幸せならともかく、そうでないなら、思い切った大胆な行動をとってみるのもいいかもしれません。そうしないと何も変わらないでしょう。

●ラッキーアイテム:おみくじ

獅子座

大逆転がありそうなのが獅子座。もちろん、金銭面でもトランプのゲームでいうところの大貧民から大富豪になるくらいの変化があるかもしれません。ここのところついてなくて落ち込んでいるなら、この際徹底的に落ち込んで何が敗因か考えてみましょう。

ピンチのときこそチャンスはあります。ちょっとしたきっかけをつかめたら、大きくジャンプできるはず。最後の最後まであきらめずに周りを注意深くみることが成功の秘訣です。

●ラッキーアイテム:盃

乙女座

予定通りに進まない時期です。計画好きな乙女座としては、予算をたてても、その通りいかないどころか、家や電化製品の修理など予期せぬお金がでていくので、しんどい時期といえます。

計画通りに進めようとすると精神衛生上悪いので、いきあたりばったりでいく方が正解です。きっちりだと足りなくなる恐れありなので、予備費は多めにとっておくこと。少々の予定変更には臨機応変に対応できるような図太さが金運アップの鍵といえるかも。

●ラッキーアイテム:キーホルダー​​​​​​​

教えてくれたのは……小泉茉莉花さん

占星術・神秘研究家。大学時代に偶然に手にしたタロットカードが神秘の扉を開き、タロットカード、西洋占星術、月占術、魔法など、神秘の研究を開始する。多くの雑誌でレギュラー連載を持つほか、著書多数。また、CD-ROMや家庭用ゲームソフトも手がけ、マルチメディアでも活動を展開している。
(文:あるじゃん 編集部)

    前日のランキングへ

    ニュース設定