竹野内豊、11年ぶり月9主演でクセあり刑事裁判官に 共演は黒木華

0

2020年11月30日 08:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真2021年4月スタートの月9ドラマ『イチケイのカラス』で主演を務める竹野内豊(左)と共演の黒木華 (C)フジテレビ
2021年4月スタートの月9ドラマ『イチケイのカラス』で主演を務める竹野内豊(左)と共演の黒木華 (C)フジテレビ
 俳優の竹野内豊が、2021年4月スタートの月9ドラマ『イチケイのカラス』で主演を務めることがわかった。竹野内の月9主演は、『流れ星』(2010)以来11年ぶり。本作は爽快リーガルエンターテインメントで、竹野内はクセのある刑事裁判官にふんし、月9初出演となる共演の黒木華は堅物エリート裁判官を演じる。

【写真】来年4月スタートの月9ドラマ『イチケイのカラス』で主演を務める竹野内豊と共演の黒木華

 原作は、2018年に発刊された浅見理都による人気コミック『イチケイのカラス』(講談社モーニングKC刊)。自由奔放で型破りな東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官・入間みちおと、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。これまで弁護士、検察官が主人公のリーガルドラマは数多く放送されてきたが、刑事裁判官を主人公として描く民放連続ドラマは意外にも今作が初となる。

 竹野内演じる入間みちおは、絶対に冤罪(えんざい)を生むことの無いよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官で公平さを象徴する黒色の法服に身を包む。ひげを生やし、服装はカジュアル。ゆるい空気をまとい、とぼけた発言をすることもしばしば。お堅い裁判官のイメージとはほど遠いが、しがらみや偏見、先入観に一切とらわれない自由な観察眼と、徹底的に調べ上げる探究心を持ち、弁護士団や検察官たち両方から恐れられているクセ者だ。
 
 台本を読んだ竹野内は、「今まで、裁判官の方にはお会いしたこともなければ、刑事裁判官という職業に焦点が当たった連ドラも今まで無かったので、台本を読んで、勉強になりました。イチケイメンバーの会話のテンポも良く、一人一人のキャラクターが生きているので、これは面白い作品になるだろうなと思いました」とコメント。
 
 続けて「刑事裁判官に焦点を当てた連続ドラマは初めてとなります。裁判官も、ご覧になってくださる視聴者の皆様と同じ一人の人間だと思うので、“人を裁く”ということがいかに難しいかということを、一緒に考えていけるような作品が作れたらすてきだなと思います」とメッセージを寄せた。

 一方の黒木は、入間みちおと真逆タイプの裁判官・坂間千鶴役。男性社会の法曹界において若くして特例判事補になった優秀な女性だ。東大法学部出身で将来を約束されたエリート中のエリートだが、冗談が全く通じない堅物なタイプで、「裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されている」と強烈に自負している。

 黒木は竹野内との共演について「今回初めてご一緒させていただきましたが、みちおさんを独特な雰囲気や、間で、魅力的に演じてらっしゃってすごく楽しいです」とコメントしている。

 月9ドラマ『イチケイのカラス』は、フジテレビ系にて2021年4月より毎週月曜21時放送。
    ニュース設定