ブラックフライデーの米オンライン総支出額、新型コロナに押されて過去最高の90億ドル超に

1

2020年11月30日 11:43  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真 ブラックフライデーの支出額(資料:Adobe)
ブラックフライデーの支出額(資料:Adobe)

 米国のブラックフライデー(今年は11月27日)におけるオンライン通販の支出額は、新型コロナの影響で実店舗からのシフトが加速しており、前年比21.6%増の90億3000万ドル(約9400億円)と過去最高を更新した。米Adobeが11月28日(現地時間)、ホリデーシーズンを通して公開している「2020 Holiday Shopping Trends」で報告した。



【その他の画像】



 Adobeが毎年発表するこの調査報告は、米国の100の主要なWeb小売りサービスのオンライン決済を解析するAdobe Analyticsによるもの。



 ブラックフライデーに最も売れたのは、1位から順に米MATTELの定番、ミニカー「ホットウィール」、任天堂の「Super Mario 3D All-Stars(日本の「スーパーマリオ 3Dコレクション」に当たる)」、任天堂の「Animal Crossing(日本の「あつまれ どうぶつの森」)、米Appleの「AirPods」、「Apple Watch」だった。



 Adobeは、サイバーマンデー(今年は11月30日)の支出が史上最高になると見ている(前年比19〜38%増の112億〜130億ドル)。


このニュースに関するつぶやき

  • マケプレを除外しAmazon.co.jp取扱商品のみ表示するクエリ(パラメータ) https://togetter.com/li/1628771#h9_0 #CyberMonday
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定