和歌山県、県立高校の全生徒に「Surface Go 2」配布 教育環境のIT化に活用

3

2020年11月30日 16:12  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真教育現場での利用イメージ
教育現場での利用イメージ

 和歌山県教育委員会は、1万9239台の「Surface Go 2」を、全日制・定時制の県立高校に通う全生徒の学習用端末として、11月中旬から順次導入している。これに合わせ「Office 365」ライセンスの付与も段階的に進めている。日本マイクロソフトが11月30日に発表した。



【その他の画像】



 タッチペン「Microsoft クラスルームペン」も配布する。和歌山県は2018年から教育環境のIT化やプログラミング教育を推進しており、今回導入した端末などはこれらの取り組みに役立てるという。



 Surface Go 2は、5月に東京都渋谷区、6月に兵庫県で学習用端末として採用が決まった。同社は今後も和歌山県教育委員会による教育のIT化を支援するとしている。


このニュースに関するつぶやき

  • こんな高性能のタブレットCP何に使うんだ?キーボードも付けるのか?本体だけなら使い勝手悪いぞ!特に文字入力スマホみたいなわけいかないから!
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • こんな高性能のタブレットCP何に使うんだ?キーボードも付けるのか?本体だけなら使い勝手悪いぞ!特に文字入力スマホみたいなわけいかないから!
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定