ハミルトンがシーズン11勝目「マックスからのプレッシャーはきつく、終盤心配だった」メルセデス【F1第15戦】

0

2020年11月30日 17:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2020年F1第15戦バーレーンGP 優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)と2位マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP 優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)と2位マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
 2020年F1バーレーンGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンはF1キャリアでの95回目、シーズン11回目、バーレーンでの4回目の優勝を獲得した。

 ハミルトンはポールポジションからミディアムタイヤでスタート、赤旗を挟み、リスタートでもミディアムでポールからスタートし、19周目に再びミディアム、35周目にハードを履いて57周のレースを走った。ピットストップ時の1周以外すべてのラップをリードしての優勝だった。

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
ルイス・ハミルトン 決勝=1位
 今日のこと(注:ロマン・グロージャンの事故)は、このスポーツは危険を伴うということを僕ら全員に思い出させる出来事だった。ロマンの事故を見てショックを受けた。ヘイローがしっかり役割を果たしたことに心から感謝する。すぐに現場にかけつけたFIAのメディカルチームの皆さんのおかげで大事には至らなかった。ロマンがあれほどの事故から自力で脱出できたことは、F1とFIAが安全性向上のため長年取り組み、素晴らしい仕事をしてきたことの証明だ。

 レースのことについて話そう。身体的にとてもきついレースだった。マックス(・フェルスタッペン)から常にプレッシャーをかけられていた。彼はとても速かったんだ。僕の方は、マシンがスライドしてしまうことに少し苦労していた。それでも、重要なタイミングで、マックスの速いラップタイムに反応することができてよかった。

 レース終盤、マックスがピットに入った時、その後どうなるのか、少し警戒したけれど、チームが最初から最後まで戦略において正しい判断をしてくれた。彼らには心から感謝している。またこのような結果を出すことができて誇りに思う。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定