MindaRyn 待望のデビューシングルをリリース!TVアニメ『神達に拾われた男』エンディングテーマ「BLUE ROSE knows」インタビュー

0

2020年11月30日 19:40  リスアニ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リスアニ!

写真掲載:リスアニ!
掲載:リスアニ!
アニメソングのカバー動画を中心としたYouTubeでの活動で人気を集め、チャンネル登録者数が90万人を超えるタイ出身のYouTuber、MindaRyn(マイダリン)。昨年より日本でのライブ活動を開始し、ボカロPのれるりり、声優・アーティストの西山宏太朗の作品に参加するなど、日本でも注目を集めつつある彼女が、TVアニメ『神達に拾われた男』のエンディングテーマ「BLUE ROSE knows」で、念願のアニソンシンガーデビューを果たした。長年の夢を叶え、新しい世界に飛び込んだ彼女が、同曲を含むデビューシングルに詰め込んだ思いとは? タイ語・英語だけでなく、日本語も話せる彼女に、直接話を聞いた。

【動画】MindaRyn - BLUE ROSE knows | Music Video

――今、日本でどんな日々を過ごしていますか?

MindaRyn この前、長崎と福岡に行きました。長崎のハウステンボスがとっても綺麗でした!私は日本のアトラクションパークは、ディズニーランドとかユニバーサルスタジオとか、いろんなところに行ったことがありますけど、今、一番大好きなのはハウステンボスになりました。本当におすすめです!

――SNSを拝見していると、鎌倉にも遊びに行かれたみたいですね。

MindaRyn 鎌倉と江ノ島に行きました。プリンソフトクリームがとても美味しかったです(笑)。朝は鎌倉、夜は江ノ島に行って。キャンドルガーデンのイベント(“湘南キャンドル2020”)がとっても綺麗でした。

――お仕事で印象的なことはありましたか?

MindaRyn お仕事はたくさんレコーディングをしました。そしてオンラインイベントの“ TOKYO INTERNATIONAL MUSIC MARKET LIVE”にも出演しました。初めてのオンラインライブで緊張しましたけど、楽しかったです。よく知っているアーティストさんも同じステージに出演されていたので、とても嬉しかったです。

――日本でしばらく生活するなかで気づいた、日本の魅力はありますか?

MindaRyn 日本は季節や空気が大好きです。そろそろ寒くなるので、この間はショッピングをエンジョイして、たくさん冬服を買いました。タイにも冬はあるけど、そんなに寒くないので、コートやカーディガンを着ることはないんです。だからタイにいるときは、ずっと1年中同じようなものを着るけど、日本はいろんな季節があって、いろんなファッションを楽しめるところが大好きです。ちょっとお金がかかるけど(笑)。

――日本の暮らしを満喫されているようで良かったです。そんななか、MindaRynさんは、ついにTVアニメ『神達に拾われた男』のエンディングテーマ「BLUE ROSE knows」で、アニソンシンガーとしてデビューしました。アニメもすでに放送中ですが、初めてテレビから自分の曲が流れてきたときは、どんな気持ちになりましたか?

MindaRyn そのときは、泣いちゃいました。もちろん私の曲がエンディングテーマになることはわかっていましたけど、アニメ(の本編)が終わって、本当に自分の声が、エンディングのアニメと一緒に流れてきたので、ドキドキして……そして、急に泣きました(笑)。本当に嬉しかったです。これは私の夢でしたので……I don’t know how to say, but it’s a really(何て言えばいいのかわからないけど、でも本当に)、心がWarm(温かくなって)、ドキドキしました。

――エンディングアニメも優しい雰囲気の内容ですね。

MindaRyn キャラクターたちも「BLUE ROSE knows」を歌ってくれていて、とっても可愛いです。すごくクオリティーが高くて、とっても感動しました。

――「BLUE ROSE knows」は明るくポジティブな楽曲で、サウンド的にはバンドサウンドのロックな仕上がりになっています。

MindaRyn 私はロックスタイルが好きですが、この曲はロックなだけじゃなくて、可愛いもミックスされているので、とっても好きですね。特に間奏のところは、ギターとベースとドラムがテンションアップするので、とてもおすすめです。その演奏が終わった後の落ちサビは、テンポがスロウになって、私の声と歌詞ももっとクリアになるので、間奏から落ちサビまでのところも聴いてほしいです。

――アニメでは流れない部分にも聴きどころがあるわけですね。歌詞は英語と日本語が混ざっていますが、お気に入りのフレーズはありますか?

MindaRyn 自分の大好きな歌詞は“I’m going to follow my heart”ですね。私も日本に来るときは、follow my heart(自分の心に従う)したので、ここは自分と同じ気持ちで大好きです。

――YouTubeのデビュー記念番組「はじめよう!MindaRyn」で書道にチャレンジした際、この曲の歌詞にある“愛と祝福”という言葉を書いていましたね。

MindaRyn はい! 私も皆さんに「愛と祝福」をあげたいし、私は日本に一人で来たので、皆さんからも「愛と祝福」をもらえたら嬉しいなあと思ったので、この言葉を選びました。でも、「愛」の漢字がとっても難しかったです(笑)。なんか変な感じになりました。

――でも、ちゃんと読めましたよ。サウンドや歌詞を含めてポジティブでハッピーなフィーリングがある曲で、いつも明るいMindaRynさんのイメージにもピッタリに感じました。

MindaRyn ありがとうございます! 前回のインタビューでも少しお話しましたけど、私と『神達に拾われた男』の主人公のリョウマくんは似ているところがあると思ったので、曲のフィーリングがすごくリンクしました。リョウマくんの新しい世界に行く気持ちはよくわかるので、そういうところを全部伝えたいですね。

――歌詞に“生きている場所や時間は違うけれど”とありますけど、それも含めてこの曲は、『神達に拾われた男』の異世界に転生する物語と、タイと日本を繋ぐ活動を行うMindaRynさんの両方にシンクロする内容になっていて。MindaRynさんが歌うからこそ意味が出てくる、ユニバーサルなメッセージ性を感じました。

MindaRyn 100パーセント合ってます、ありがとうございます! それを日本語で説明するのは難しいんですけど、私の気持ちと全部合っていたので、びっくりしました(笑)。この曲は歌詞もメロディもすごく明るいし、歌詞も私の今の状況と似ているので、私のデビューシングルになる運命、プレゼントみたいに感じました。とっても嬉しかったです。

――レコーディングで印象的なことはありましたか?

MindaRyn いつもYouTubeにアップする歌を録るときは、全部一人でレコーディングしていたのですが、今回はプロフェッショナルなエンジニアさんやディレクターさんに助けてもらって。「本当のプロフェッショナルはこれなんだ!」というのが初めてわかりました。プロフェッショナルの世界に入れて「ワーオ!」という気持ちになりました。

――そのプロの人たちに何か具体的に教えてもらったり、新しい気づきはありましたか?

MindaRyn 日本語の発音やブレスをたくさん教えてもらいました。自分一人でやっていると、(日本語の)発音が間違っていてもわからないので。例えば私は「ず」「づ」の発音が問題だということが初めてわかりました。「ず」と「づ」の発音がどう違うのかわからなかったので。「ず」と「づ」、これは合ってますか?

――大丈夫だと思います。改めて考えると「ず」と「づ」は、日本人でも意識して発音を区別するのは難しいですからね。

MindaRyn でも、日本人の皆さんは自然にできるのですごいなあと思いました。

――他に歌う際に意識したことはありますか?

MindaRyn 「BLUE ROSE knows」には自分の気持ち、「これから新しい世界に生まれる!」という気持ちを入れました。先ほども言いましたけど、日本に来るときは、最初はとっても怖くて、悩んでいたんですけど、これはいいチャンスだと思って、follow my heart、心に従ったんです。そのときと同じ気持ちが、この歌には入っています。

――MVはバンドと一緒に歌ったり、ちょっとした仕掛けもある映像になっていますね。

MindaRyn MVの撮影は初めてのことだったので、興奮しました(笑)。いつもYouTubeでやっているときは、私とカメラマン一人だけの小さなチームで、ホームプロダクションだけでやっていたので。でも今回、日本に来て、大きなプロダクションで撮影してもらって。カメラとかも、いろんなテクニックも使いました。例えば、バンドのシーンは、360度カメラが私の周りをグルグル回りながら撮ってもらったりして。一日中すごく楽しかったです。

――面白いなと思ったのが、壁を地面と錯覚させたりする撮り方で。MindaRynさんがソファーに横になっているのかと思いきや、実は壁に張り付いたソファーにもたれているだけで、突然前にスッと歩き出すという。

MindaRyn 驚いてもらえてありがたいです! 私も観たときに「ワーオ!」ってなりました。スタジオが全部アップサイドダウンになっていて。撮影のとき、ソファーに本当に寝ているように見せるために、「もっと後ろに」と言われて、とっても肩がギューってなりましたけど(笑)、でも楽しかったです。あと、落ちサビのローズの花びらが上に上がっていく、逆回転の映像のところは、私もそこの歌詞を逆に発音して歌ってます。今でも覚えているんですけど、“あなたと私はひとつ”のところは「どーてぃあわたたわらたなす♪」になります(笑)。難しいけど面白ーい!と思いました。

――かなりトリッキーなことをしていたんですね(笑)。ベッドに寝ていると身体が浮くシーンもありますけど、あれはどうやって撮ったんですか?

MindaRyn あれも本当は寝ていなくて、立っています。ふわあって見えるように何回もいろんなテイクを撮りました。

――衣装も可愛らしかったですが、お気に入りポイントは?

MindaRyn あの白い服は、私には初めてのスタイルだったので、フィッティングのときに「この大人っぽいスタイルは私にフィットするかな?」ってちょっと心配したけど、スタジオに入ってみたときに、マッチングがとてもいいと思いました。やっぱりみんなプロフェッショナルで、すごいなと思いましたね。

――ちなみにMindaRynさんは常にメガネをかけていて、トレードマークになっていますね。

MindaRyn 私は目があまりよくなくて。今はコンタクトを使ってるので、実は今かけてるこのメガネはフェイクなんですけど(笑)、普段はずっとメガネを使っています。メガネをしているときはセーフ(守られている)な感じがするけど、逆にメガネがないとセーフじゃない気持ちがあります(笑)。そしてポイントにもなるので、いつもメガネを使っています。

――メガネの形にこだわりはあるのですか? いつも黒ぶちですが。

MindaRyn いろんなスタイルにトライしたんですけど、これが一番自分にフィットすると思って。このモデルのメガネが好きなので、いつもこれを使っています。マネージャーさんは「MindaRynモデル」と言っていました(笑)。

――せっかくなのでアニメのお話もお聞かせください。MindaRynさんは『神達に拾われた男』のどんなところが魅力だと感じますか?

MindaRyn ファンタジーワールドのアニメは多いですけど、このアニメはその中でもちょっと違ってて。ほとんどのファンタジーアニメはアクションが多くて、よく戦うストーリーですが、でも、このアニメは癒されるアニメだと思います。戦いもあるけど、ほとんどのストーリーは、主人公のリョウマくんとスライムのスローライフなので。とっても癒されるし、ハートが温かくなるアニメですね。

――登場人物のなかで好きなキャラクターを選ぶとしたら?

MindaRyn 私は主人公のリョウマくんが大好きですね。田所(あずさ)さんの声がすっごく私のタイプなんです。私はショタっぽい声が大好きなので(笑)。

――ショタという言葉をご存知とは驚きました(笑)。でも、たしかにリョウマはみんなに愛されるキャラクターですよね。

MindaRyn リョウマくんはジェントルマンだし、頭が良くて、何でもできるキャラクターなので。スライムを連れているところも面白いと思います。スライムはゲームだと弱いイメージだけど、このアニメのスライムはとっても強くて。ゲームだと最初のモンスターはスライムだったりするじゃないですか。でも、『神拾』と出会って、スライムはとても強いことを知ったので、(スライム退治も)大変だと思うようになりました(笑)。

――『神達に拾われた男』は異世界転生を題材にした作品ですが、もしMindaRynさんが異世界に転生できるとしたら、どんな世界でどんなふうに転生してみたいですか?

MindaRyn 私は動物たちが大好きなので、動物たちと話せる世界に行ってみたいですね。うちには犬が3匹、猫が3匹いるので、みんなと話したいです。でも、猫ちゃんと話せることができたら、多分とてもひどい言葉を言われそう(笑)。猫はいつもクールなので。

――ちなみに犬と猫のほかに好きな動物は?

MindaRyn カピバラも大好きです。とっても「(小声で)ヒュー……」のイメージなので(笑)。見るだけで心がカーム(穏やか)になります。

――じゃあ動物に生まれ変わるとしたら、何になりたいですか?

MindaRyn え〜、動物かあ……猫になりたいです。猫はジャンプとか体を動かすことが得意なので。すごく速いし。あと、高いところから落ちても大丈夫と聞きましたので、バンジージャンプみたいに高いところから飛び降りてみたいです(笑)。でも、本当なんですかね?

――まあ、ある程度の高さなら大丈夫だと思いますが、流石にバンジージャンプの高さは猫でも危険だと思います(笑)。でも、MindaRynさんは猫が似合いそうですね。

MindaRyn 本当ですか? 前にお笑いコンビ・天津の向さんから、猫のギャグを教えてもらったことがあって。

――おっ、どんなギャグですか?

MindaRyn 私は、オタクだにゃん!……すみません(照)。

――ありがとうございました(笑)。続いてシングルのカップリング曲「START」のお話も伺わせてください。

MindaRyn 「START」は「始まる」という意味で、これが私のデビューシングルでもあるので、カップリング曲にちょうどいい曲だと思います。歌詞も「いいスタートを切りたい!」という内容なので、私も、このデビューシングルも、いいスタートになるように頑張りたいし、この曲の気持ちそのままですね。

――歌うときにもそういう気持ちを込めましたか?

MindaRyn サビの“The day I step out is today”という歌詞は、私は日本での活動を始めたばかりなので、元気な感じで歌いました。その後の“Let’s go 新しい未来を”のところも、明るいし、楽しい未来が欲しいなあっていう気持ちで歌っています。

――この曲を作ったのはSpecialThanksのMisakiさん。「BLUE ROSE knows」もMisakiさんが作詞・作曲していますね。

MindaRyn Misakiさんは私のスタイルをとってもわかってくれているので、私にマッチングした曲を作ってもらえてとても嬉しいです。Misakiさんは、去年、私が日本でライブをやったときに見に来てくれて、その後に一緒にお食事もしたんです。とっても優しいし、綺麗な方で。そのときに「素敵な曲をありがとうございました!」ってお話をして、一緒に自分の曲を歌いました(笑)。その動画も撮ったんですけど、大切にしています。

――さらに今回のシングルには、TRUEさんの楽曲「Sincerely(English Version)
」も収録されています。MindaRynは今までたくさんのアニソンをカバーしていますが、今回、この楽曲を選んで歌ったのは?


MindaRyn 私はTRUEさんのことが大好きで、TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』も大好きなので、この曲がとっても好きだし、初めて(ランティスの)スタッフさんに連絡をいただいたきっかけも、「Sincerely」のカバーだったんです。私にとって運命の曲なので、この曲を選びました。そしてEnglish Versionの歌詞も、綺麗な言葉で、とても素敵な歌詞になっていて、歌うときはより感動しました。アレンジもオリジナルと全然違う、もっとロックになっていて。自分のバ―ジョンを作ってもらったことにも感動しました。

――英語詞かつロックな曲調になったことで、いつもと歌い方も変わったのでは?

MindaRyn リズムがロックなので、声がいつもよりもアタックになりました。あと、英語と日本語は発音が全然違うので、英語を歌うときはもっとパワーのある歌い方になります。

――たしかに力強さを感じさせる歌声でした。今回のシングルにカバー曲を収録したのは、やはりYouTubeでの活動を踏まえてのことだったのでしょうか?

MindaRyn そうですね。私の始まりはカバー曲だったので、今回もアニソンのカバー曲を入れたら、YouTuberっぽいシングルになるかなあと思いました。自己紹介にもなると思って。

――3曲合わせて、MindaRynさんらしさが表現されたデビューシングルになりましたね。アニソン歌手になる夢を叶えた今、次はどんな夢を叶えたいですか?

MindaRyn 私はタイからやってきたので、日本では日本人の皆さんに愛されるアニソンシンガーになりたいです。そして、これから、もっと大きなイベントに出演したいです。“アニサマ(Animelo Summer Live)”にもいつか出られたらと思いますし、それが今の目標です。私の日本の活動はまだ始まったばかりなので、知らない人がまだ多いと思うけど、これからもっと頑張りたいので、リスアニ!を見ている皆さん、応援をよろしくお願いします!

INTERVIEW & TEXT BY 北野 創(リスアニ!)

●リリース情報
MindaRynデビューシングル
「BLUE ROSE knows」
発売中



価格:¥1,300+税
品番:LACM-24065

<CD>
BLUE ROSE knows
作詞・作曲:Misaki 編曲:長澤孝志(TVアニメ『神達に拾われた男』エンディングテーマ)
START
作詞・作曲:Misaki 編曲:キクチハルカ
Sincerely (English Version)
作詞:唐沢美帆 作曲:堀江晶太 編曲:キクチハルカ 英訳詞:Lynne Hobday
※TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』OP主題歌の英訳詞によるカバー

●作品情報
TVアニメ『神達に拾われた男』
毎週(日)23:30より放送中

【スタッフ】
原作:Roy『神達に拾われた男』
(HJノベルス/ホビージャパン)
監督:柳瀬雄之
シリーズ構成・脚本:筆安一幸
キャラクター原案:りりんら
キャラクターデザイン・総作画監督:出口花穂
色彩設計:渡辺亜紀
美術監督:柴田 聡
撮影監督:野村雪菜
音楽:堤 博明
音楽制作:ランティス
音響監督:土屋雅紀
音響制作:AMGスタジオ
アニメーション制作:MAHO FILM

【キャスト】
リョウマ:田所あずさ
エリアリア:桑原由気
ラインハルト:小野大輔
エリーゼ:早見沙織
ラインバッハ:子安武人
ミーヤ:高野麻里佳
ウェルアンナ:広瀬ゆうき
ミゼリア:高田憂希
シリア:福緒 唯
ウォーガン:稲田 徹
ガイン:清川元夢
ルルティア:井上喜久子
クフォ:小市眞琴
竹林竜馬:安元洋貴
田淵:古川 慎

オープニングテーマ:ヤサシイセカイ / 田所あずさ
エンディングテーマ:BLUE ROSE knows / MindaRyn

<MindaRyn プロフィール>
幼少期より父の影響で日本のアニメに触れ、歌うことも好きだったことから、次第にアニメの主題歌を覚え、歌い始める。
大学生になり、本格的にアニソンシンガーを目指して、アニソンカバー動画を中心にYouTuberとしての活動をスタート。 YouTubeチャンネル登録者数10万人を早々に達成しシルバークリエイターアワードを受賞、現在の登録者数は91万人にのぼる。動画の総再生数は約6,200万回を数え、タイのみならず日本やインドネシア、台湾やアメリカなど世界中から注目を集めている。
タイ国内やインドネシア、台湾、シンガポールなどのコンベンションイベントなどに多数出演しており、2020年には人気クリエイター・れるりりの10th Anniversary Original & Best ALBUM「羞恥心に殺される」にも参加。緒方恵美やnero、高槻かなこや伊東歌詞太郎など名だたるメンバーとともに歌唱を担当している。
2020年11月、TVアニメ『神達に拾われた男』エンディングテーマ「BLUE ROSE knows」でLantisよりアーティストデビュー。


関連リンク
MindaRynオフィシャルサイトTVアニメ『神達に拾われた男』公式サイト

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定