西日本で今シーズン初 長崎と佐賀で「初霜」 長崎は「初氷」も

0

2020年12月01日 09:11  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真西日本で今シーズン初 長崎と佐賀で「初霜」 長崎は「初氷」も
西日本で今シーズン初 長崎と佐賀で「初霜」 長崎は「初氷」も

今朝、西日本から今シーズン初めて「初霜」と「初氷」の便りが届きました。西日本では放射冷却現象で冷えこみが強まり、佐賀で初霜、長崎で初霜と初氷を観測しました。(午前9時現在)



●西日本で冷え込み強まる


今朝、西日本を中心に放射冷却現象で冷えこみが強まり、西日本からは今シーズン初めて「初霜」と「初氷」の便りが届きました。(午前9時現在)佐賀では今朝の最低気温は2.9度まで下がり、平年より4日遅く、昨年より8日早く「初霜」を観測しました。また長崎では3.9度まで下がり「初霜」と「初氷」を観測しました。「初霜」は平年より9日早く、昨年より7日早い観測、「初氷」は平年より20日早く、昨年より31日早い観測です。


●西日本で12月に「初霜」観測 5年ぶり


西日本では「初霜」が初めて観測されるのが12月までずれ込んだのは2015年12月2日の奈良、彦根、鳥取以来、5年ぶりのことです。なお、昨シーズン西日本で初めて初霜が観測されたのは、11月29日の高松と高知でした。
*9時過ぎに、熊本でも「初霜」と「初氷」が観測されました。


    ニュース設定