2020年の新語・流行語「3密」が年間大賞 「鬼滅の刃」はトップテン入り、新型コロナの閉塞感の中でロマン渇望

0

2020年12月01日 14:02  BIGLOBEニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BIGLOBEニュース

写真ユーキャン 新語・流行語大賞の年間大賞・トップテン/画像はホームページのスクリーンショット
ユーキャン 新語・流行語大賞の年間大賞・トップテン/画像はホームページのスクリーンショット

今年最も話題になった言葉を選ぶ「現代用語の基礎知識 選 2020 ユーキャン新語・流行語大賞」が12月1日に発表となり、「3密」が年間大賞に決定した。


今年の年間大賞は、新型コロナウイルスの感染防止を目的とする新習慣「3密」に決定した。受賞者は、NO!3密のボードを掲げ知名度をあげた東京都の小池百合子知事。厚生労働省などが「3密」を呼びかけた当初は広がりを見せなかったが、小池知事が殺到する報道陣に“密です”を連呼したことがネット上で話題となり広く浸透した。


今年は、新型コロナウイルス関連の新語が数多く登場したこともあり、トップテンには「3密」のほか「アベノマスク」「GoToキャンペーン」も選ばれた。その一方では、エンタメ界からも多く選出。社会現象的な流行となった吾峠呼世晴の漫画とそれを原作としたアニメ「鬼滅の刃」、北朝鮮と韓国の南北問題を取り上げながら、人間それぞれが尊重される描き方が支持を集めた「愛の不時着」などが、お家時間を充実させる娯楽としてヒット。今年話題になった言葉として選ばれた。


選考委員を務めた姜尚中氏は、コロナ禍でのエンタメ界からのトップテン入りについて「息の詰まりそうな閉塞感の中で人はエンタメを求め、ロマンを渇望していることを示している」とコメント。その一方で、「政治も含めてワクワク感に乏しい現実の世界を反映」「来年はもっとひねりの効いた言葉やワクワクする言葉が咲き合う一年であって欲しい」と評した。


<2020年のトップテン>
・愛の不時着
・あつ森(あつまれどうぶつの森)
・アベノマスク
・アマビエ
・オンライン◯◯
・鬼滅の刃
・GoToキャンペーン
・3密
・ソロキャンプ
・フワちゃん

    ニュース設定