『トータル・リコール』撮影秘話とは 『スタントウーマン』本編映像&場面カット公開

1

2020年12月01日 20:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』場面写真(ポール・バーホーベン監督) (C) STUNTWOMEN THE DOCUMENTARY LLC 2020
映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』場面写真(ポール・バーホーベン監督) (C) STUNTWOMEN THE DOCUMENTARY LLC 2020
 ドキュメンタリー映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』より、映画『トータル・リコール』を手掛けたポール・ヴァーホーヴェン監督が撮影秘話を語る本編映像と場面写真が解禁された。

【写真】シュワルツェネッガーとの激しい戦闘シーンも 『スタントウーマン』より

 本作は、数々の大作映画で華麗なアクションシーンを演じてきたスタントウーマンたちの証言で紡ぐドキュメンタリー。彼女たちの日々の鍛錬の様子やスタントウーマンの歴史などを通して、ハリウッド映画の最前線で活躍するプロフェッショナルたちの姿を映し出す。製作総指揮を務めるのは、『ワイルド・スピード』シリーズなど数々のアクション映画に出演してきた女優ミシェル・ロドリゲス。作品のナビゲーターとしても出演し、スタントウーマンたちの素顔に迫っている。

 ヴァーホーヴェンが監督を務めた『トータル・リコール』は、12月1日で日本公開30周年を迎え、これを記念して4Kデジタルリマスター版が公開中。同作の序盤の目玉とも言えるのが、主演の俳優アーノルド・シュワルツェネッガーと女優シャロン・ストーンによる激しい戦闘シーンだ。

 解禁された本編映像で、同監督はこのシーンについて、「シャロン・ストーンの代役(スタントダブル)は優秀だった」と大絶賛。「激しく投げられていると顔が違うのはわからない」と語るように、シュワルツェネッガーとスタントウーマンによる体当たりのアクションが白熱の名シーンを生み出していたことが分かる。

 そのスタントを務めたのは、1980年代から活躍するベテランスタントウーマンのドナ・エヴァンス。ドナは「何度もアーノルドにぶん投げられた」と当時の撮影を振り返っている。

 公開された場面写真では、ドナがスタントを務めた迫力のアクションシーンなどが切り取られている。

 映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』は、2021年1月8日より全国公開。

このニュースに関するつぶやき

  • 『トータル・リコール』は、ヴァーホーヴェンの前にデヴィッド・クローネンバーグが監督予定だった。無い物をねだっても無為なのだが、クローネンバーグ版の絵コンテだけでも見たいなあ。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定