ユニクロ21年春夏はニューノーマル時代に対応したエフォートレスなコレクション、ホームアイテムが充実

1

2020年12月01日 21:02  Fashionsnap.com

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真                    ユニクロ2021年春夏コレクション                    Image by: FASHIONSNAP.COM
ユニクロ2021年春夏コレクション Image by: FASHIONSNAP.COM
 「ユニクロ(UNIQLO)」が、2021年春夏コレクションの展示会を開催した。今シーズンは「ニューウェアフォーニューライフ」「ホーム」「フレッシュエアーアンドフィット」の3つのキーワードを掲げ、新しい生活様式に対応した着心地の良さや快適さを重視したアイテムを多く展開する。 関連記事 「GU」がトレンド商品を最大3割値下げ、21年春夏は吸水サニタリーショーツや着圧ボディケアアイテムの販売も

 ニューウェアフォーニューライフでは、コロナ禍でオンとオフの境界線が曖昧になったことを受けて、エフォートレスなスタイルのアイテムを打ち出す。ゆったりとしたシルエットのシャツブラウスやウエストゴムのパンツ、キャミソールタイプのワンピース、ストレッチが効いたセットアップなどが揃う。展示会でのマネキンは家の中のシーンをイメージしたものが多く、在宅勤務を想定したコーディネートが並んでいた。

 ホームでは、居心地の良さや癒しを体感できるホームアイテムを多く展開。ルームウェアやパジャマ、ECで継続的に販売しているエアリズム素材のシーツや枕カバーをラインナップする。ルームウェアやパジャマでは花柄などデザイン性のあるものを多く揃えるほか、手触りが良い素材のアイテムも登場し、ワンマイルウェアとしても着用できるようにした。

 フレッシュエアーアンドフィットでは、コロナ禍で軽い運動する人が増えたことを踏まえて製作したスポーツウェアと、キャンプ向けのコレクションを用意。スポーツウェアではエアリズム素材のインナーやレギンス、スポーツブラなどをラインナップする。キャンプ向けに製作したコレクションは撥水加工を施したアウターやパーカなどをベーシックカラーからパステルカラーまで幅広く揃える。

 10シーズン目を迎えるクリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)がアーティスティックディレクターを務める「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」からは、初のキッズコレクションが登場。全9型で、ワンピースやメンズで人気のクルーネックTシャツをキッズサイズで提供する。メンズとウィメンズからは、ニュートラルなカラーのアイテムを多く展開するほか、ブラックとオフホワイトのモノトーンに仕上げたアイテムも用意し、ニットポロシャツやカーディガン、ワークパンツなどをラインナップする。このほか、ウィメンズからはメンズで人気のエアリズムコットンTシャツのワンピースタイプが登場する予定だ。

 イネス・ド・ラ・フレサンジュ(Inès de la Fressange)とコラボレーションした「UNIQLO / INES DE LA FRESSANGE」ではフランスのリゾート地ドーヴィルにインスパイアされたコレクションで、エレガントな印象のシルクブラウスや花柄のワンピースが揃う。7シーズン目となる「UNIQLO and JW ANDERSON」の新作は春をイメージしたアイテムを用意し、リネンやコットンをメインにスモーキーなカラーにデザイン。花の刺繍やステッチをあしらったアイテムを多くラインナップする。
こちらもチェック ユニクロ×JW アンダーソン初のホリデーコレクション発売、ヒートテック素材のニットグッズなど
 様々な作品やアーティストとのコラボレーションが人気を集めるTシャツブランド「UT」からは、アーティストのジェイソン・ポラン(Jason Polan)の作品をあしらったコレクションをはじめ、オランダの「Rush Hour」と日本の「TECHNIQUE」など世界のレコードショップ5店舗とのコラボコレクション、アーティストのオートモアイと塩川いづみが描いたディズニー作品「ふしぎの国のアリス」のイラストを描いたコレクションなどが発売を控えている。
    ニュース設定