トルコのB級グルメを自宅で!イスタンブールのガラタ橋名物「サバサンド」を作ってみた

7

2020年12月03日 06:31  GOTRIP!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

GOTRIP!

写真写真

みなさんはサバサンドという食べ物を知っていますか?

日本でサバといえばもちろんお供はお米ですが、サバサンドはパンに焼いたサバを挟んで食べるトルコのイスタンブール名物の食べ物なのです。

トルコ最大の都市イスタンブールには、旧市街と新市街を分かつハリッチという金角湾、そしてそこに架かるガラタ橋があります。サバサンドはこのガラタ橋付近の名物グルメになっていて、橋の袂に停泊している屋台や、二階建て構造になっている橋の下の階に軒を連ねるレストランで食べることができます。

ガラタ橋の近くは旧市街と新市街を行き交う人々や路面電車、釣り人、ボスポラス海峡を挟んだアジア側の大陸に船で向かう人々でいつも賑わっており、この混沌とした雰囲気とほのかに香るサバサンドの香りは、セットでガラタ橋の名物になっています。

本場イスタンブールで味わうサバサンドは、シンプルでどこか懐かしさを感じさせる味わいです。

屋台やレストランで使われているのは、エキメッキというトルコの定番のパンです。形はずんぐりむっくりのフランスパンのようで、食感はそれよりも柔らかいのが特徴です。このエキメッキに焼き立てのサバとスライスした玉ねぎを挟み、お好みでレモン果汁をかけて食べるのが、本場のサバサンドです。

レモン果汁は、お店によっては生のレモンであることもしばしば。また、玉ねぎだけでなくレタスやルッコラを挟んだり、スマックという深紅色の少し酸味のある香辛料を振りかけることもあります。

パンとサバってどうなの?と日本人ならきっと最初は思ってしまうでしょう。ところが食べてみてビックリ。パンとサバの組み合わせが、こんなに美味しいなんて!?と、きっと虜になってしまう方もいるでしょう。実際、魚をあまり食べないトルコ人たちの中にも、サバサンドなら食べる、という人もいるくらい。それほどトルコ人の口にも合う食べ物なのです。

そんなサバサンドは、日本にある食材で簡単に作れるトルコのB級グルメのひとつです。最もシンプルなサバサンドを作りたい場合、用意するものはフランスパン、玉ねぎ、サバ、レモンのみです。

日本ではエキメッキのような食感のパンを見つけるのが難しいので、フランスパンを買うときはなるべく柔らか目のものを選ぶと良いでしょう。

玉ねぎはなるべく薄くスライスし、水にさらしておきます。サバはできれば骨なしのものを選び、8センチほどに切って焼いておきます。よりトルコ風にしたいのなら、サバの皮は取り除いておきましょう。

フランスパンは大きければ長さ20センチ弱に切ります。横から完全に切りきらないように切れ込みを入れ、パンを開きます。そこに玉ねぎを適量乗せ、その上に焼いたサバを2つ乗せます。パンを閉じ、お好みでレモンを絞って完成です。

室内で食べるのもいいですが、よりイスタンブールのガラタ橋付近の雰囲気を味わいたいのなら、海辺や川辺に持っていって外で食べるのもいいかもしれません。

日本人にとって馴染みのあるサバを、お米ではなくパンと一緒に食べるというちょっと斬新なトルコの名物グルメは、トルコ人のみならず日本人の口にもきっと合うことでしょう。ガラタ橋付近独特の混沌とした雰囲気を思い出しながら、自宅でトルコの味を再現してみてはいかがでしょうか。

Post:GoTrip!http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

このニュースに関するつぶやき

  • 鯖の処理に一手間だけどあとは簡単だね。日本人は魔改造しそうだけどww
    • イイネ!8
    • コメント 4件
  • 鯖の処理に一手間だけどあとは簡単だね。日本人は魔改造しそうだけどww
    • イイネ!8
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定