アンジャ渡部建が謝罪会見 100分間の集中砲火… 「バカなことをした」と繰り返す

860

2020年12月03日 20:45  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真アンジャッシュ・渡部建 (C)ORICON NewS inc.
アンジャッシュ・渡部建 (C)ORICON NewS inc.
 不倫騒動で6月10日から無期限活動自粛中のお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(48)が、3日午後7時から都内で会見を開いた。活動自粛発表以来、約半年間の“雲隠れ”を経て姿をみせた渡部は、「この度、私がしてしまった大変軽率な行動により、多くの関係者の方々に大変ご迷惑をおかけし、多くの視聴者の方に不快な思いをさせてしまったことを心より、深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。約1時間40分にわたってレポーターから“集中砲火”を浴びながら、何度も「本当にバカなことをした」という言葉を繰り返した。

【動画】約半年間の“雲隠れ”を経て…100分に及ぶ謝罪会見を行った渡部建

 黒のスーツ姿で神妙な面持ちを浮かべた渡部はて騒動後にこういった謝罪会見が大変遅くなってしまったこと、報道にもありました大変“不適切な場所での不貞行為”。これに関しても深く、深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げ「概ね、報道通り。最低な行為」と記事内容を認めた。

 妻・佐々木希(32)との関係にも言及。報道直後の様子を聞かれ「すぐには受け入れられないですし、どれだけ謝罪してもすぐに『分かりました』ということではない。『今までの生き方が間違っていたのではないか。これからの人生で信頼の回復をしていくべき』だと。本当に話し合いを重ねて、そう言ってもらいました」と語り、離婚についての明言を避けた。

 さらに「妻にも言ってもらいましたが『何十年後に振り返って、この騒動があってあなたよかったんじゃないの』と、そう言ってもらえる人生を目指したい」と、佐々木の“温情”も告白し、「奥さまはどういった存在?」との問いには「当然、妻の仕事もありますし、僕がこんなことをしてしまったせいで、どこに行っても好奇の目で見られてしまうし、現場で気丈に振る舞っていたと来ていて、心苦しいですし、深く反省し、これからの人生で少しでも信頼を回復したい」と答えた。

 また、相方・児嶋一哉(48)が話題にあがると「何の罪もない方々に頭を下げさせ、涙を流させてしまい、自分は謝罪しない。それは怒られて然るべき。相方のそういう姿を見て心苦しかったし、申し訳ない気持ちでいっぱい」と語り、今後の芸能活動については「これから(考える)。まずは、きょうの会見が第一歩目と…」。復帰時期は未定としつつ「また一からやり直したい」と語った。

 渡部は今年6月、『週刊文春』で公共の多目的トイレなどで複数の女性との不倫が報じられ当面の間の活動自粛を発表。事務所を通じ「私の不徳の致すところであり、家族を深く傷つけ、また、普段お世話になっている仕事関係の皆様、応援をしてくださる皆様に対し多大なご迷惑をおかけしたと大変猛省しております。妻にも説明し、謝罪しました」とコメントしていた。

 妻・佐々木希(32)も報道直後に自身のインスタグラムで「この度は、主人の無自覚な行動により多くの方々を不快な気持ちにさせてしまい、大変申し訳ございません」と詫び「今回の件について、夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います」と記していた。

 渡部は高校の同級生の児嶋一哉(48)と1993年にアンジャッシュを結成。豊富なグルメ知識を生かし「グルメ芸人」としての一面も持ち、プライベートでは、2017年4月に女優の佐々木希と結婚、18年9月に第1子男児が誕生。今回の騒動を受け、MCを務めていたTBS系情報番組『王様のブランチ』を降板した。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • SEX依存症の診断書を出してくれると期待していたのに…
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 渡部のやらかしたことはクズだけど、「俺たちが正義!バカなタレントは追放だ!死刑だ!」と思い込んでるレポーターやマスコミ、それに乗っかる大衆もゲスだなと思う。
    • イイネ!563
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(559件)

ニュース設定