溝端淳平、7年ぶり『日曜劇場』で綾瀬はるかと刑事バディ 『天国と地獄』追加キャスト発表

12

2020年12月04日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真日曜劇場『天国と地獄〜サイコな2人〜』追加キャストが決定 (C)TBS
日曜劇場『天国と地獄〜サイコな2人〜』追加キャストが決定 (C)TBS
 俳優の溝端淳平が1月スタートのTBS系日曜劇場『天国と地獄〜サイコな2人〜』に出演することがわかった。主演の綾瀬はるか演じる警視庁捜査第一課の刑事・望月彩子とサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わってしまう、究極の“入れ替わりエンターテインメント”。溝端は『おやじの背中』(2014)以来の同枠出演となり、彩子の後輩でバディを組む刑事・八巻英雄(やまき・ひでお)を演じる。このほか追加キャストとして、中村ゆり、木場勝己、岸井ゆきのらが決定した。

【画像】綾瀬はるかと高橋一生が入れ替わり!?『天国と地獄』相関図

 同ドラマは『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004)や『義母と娘のブルース』(2018)など綾瀬とのタッグで話題作を生み出してきた森下佳子氏によるオリジナル作品。すでに、彩子の同居人で能天気なヒモ男の渡辺陸役として柄本佑、彩子の天敵として立ち塞がる上司の刑事・河原三雄役として北村一輝の出演が発表されていた。

 中村が演じるのは、日高が経営するベンチャー企業『コ・アース』で日高の秘書を務める五木樹里(いつき・じゅり)。日高とは大学の同級生であり、彼のことを最もよく知る右腕的存在。そんな樹里は、自分を必要としてくれる日高の役に少しでも立ちたいと、彼のことを絶対的に信頼。だが、彩子が入れ替わってしまったことで、樹里をはじめとしたコ・アースの社員たちは、会社全体を巻き込んだハプニングの連発に巻き込まれていく。

 日高の父で、食品メーカー・サンライズフーズの創業社長である日高満(ひだか・みつる)役は木場。ラーメンの屋台から出発し一代でサンライズフーズを作り上げた、人情に厚い経営者。そして日高の妹で、サンライズフーズ東京支社の経営企画室に所属する日高優菜(ひだか・ゆな)役に岸井。明るくほがらかな性格で、家を継がない兄の代わりに会社を支える良き妹といったキャラクターだ。

 そのほかにも、陸のアルバイト仲間で、陸から“師匠”と呼ばれ慕われている湯浅和男(ゆあさ・かずお)役に迫田孝也。警視庁鑑識課の新田将吾(にった・しょうご)役に林泰文。警視庁捜査第一課の管理官・五十嵐公平(いがらし・こうへい)役に野間口徹。捜査第一課長・十久河広明(とくがわ・ひろあき)役に吉見一豊。捜査第一課の捜査員で北村演じる河原の相棒・幅健太郎(はば・けんたろう)役に谷恭輔。そしてコ・アースの営業取締役・富樫義貴(とがし・よしたか)役に馬場徹らが起用。入れ替わった彩子と日高と、どう関わっていくのか、注目だ。

 溝端は約7年ぶりの『日曜劇場』に「プレッシャーもありますが、数々の名作を生んできたチームの皆さんとご一緒できて、毎日武者震いしながら撮影に臨んでいます。八巻という役は一言で言うと『Theゆとり』で野心より保身、出世より安定という人間です。でも、どこか憎めず、綾瀬さん演じる野心家の彩子を健気にサポートする姿が愛らしく思えるキャラクターになればと思っています。観てくださる皆さんの日常に元気を届けられるような作品になるように、誠心誠意『ゆとり八巻』を務めてまいります」と意気込みを語っている。

 中村は「私が演じる役は、絶対的な信頼感を抱いている社長の元で、彼の役に立ちたい。と懸命に、明るくサポートしようとする人です。必要としてくれる人の役に立ちたい、そんな気持ちで仕事に向かえるマインドにはとても共感を覚えます。撮影現場はとても丁寧で、真剣で、これからみんなで良いものを作っていくんだ、という熱量を感じ、私自身も士気が上がる気持ちです」とやる気をにじませている。

このニュースに関するつぶやき

  • 林さん、野間口さん、迫田さん…脇役好きにはたまらんドラマになりそーです…�ϡ���ã��ʣ���ϡ��ȡ�
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 刑事もんや病院もんや糞みてーな恋愛ドラマばっか。つまらん。
    • イイネ!3
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(8件)

ニュース設定