コロナ禍でエンジニア希望者が増加「手に職をつけたい人が明らかに増えた」 副業のチャンスも

6

2020年12月04日 08:05  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真AERA 2020年12月7日号より
AERA 2020年12月7日号より
 コロナ禍も後押しして、今、DX(デジタルトランスフォーメーション)の波が押し寄せている。仕事の幅を広げるためプログラミングを学ぶ社会人や、社員向けにプログラミング講座を取り入れる企業も出てきた。その一方で、コロナ禍の不安定な世の中で、手に職をつけるためにエンジニアを目指す人もいるという。AERA 2020年12月7日号で取材した。

*  *  *
 先行き不透明な中、求人数が多いエンジニアへの転職や、副業での収入増を目指してプログラミングを学ぼうという動きもある。エン・ジャパンが運営する「エン エージェント」マネージャー、藤村諭史さん(37)によると、小売りや旅行業界などダメージが大きい業界などからの転職希望者が増加。「エンジニアなど在宅でも働ける、手に職をつけたい人が明らかに増えています」(藤村さん)

 とはいえ、採用自体を凍結している企業が少なくない中、未経験での転職はハードルが高い。エンジニアは以前から企業の争奪戦が続き、dodaが発表する10月の転職求人倍率も、全職種の平均1.65倍と比べ、技術系(IT・通信)は6.64倍と高水準だ。しかし、コロナ禍以降、企業は育成コストを抑えるため、エンジニアでも経験者採用にシフトしている。

 一方、IT関連の人材不足は深刻化している。経済産業省の調査によると、IT関連人材は30年には45万人不足するとの試算もある。藤村さんは、今後もこうした傾向は加速するとみている。

「IT業界以外でのIT系職種の求人が増えています。小売りはEC化、医療では遠隔診療、営業も遠隔が進んでいますし、テレワークの浸透でセキュリティー関連の人材需要も伸びています。今後企業で人材育成が遠隔でできるようになってくれば、未経験のエンジニア採用も再開すると予想しています」

 さらに、企業での実務経験がなくてもスキルを高められ、収入増につなげられるチャンスも広がる。

■ECサイト発注が増加

 オンライン上で在宅ワーカーと仕事の発注者とのマッチングなどを行う「クラウドワークス」(東京都渋谷区)では、コロナ禍以降、ネットショッピングの需要が拡大したことで、ECサイト関連の発注数が急増。特にECサイト構築のニーズ増が顕著で、今年1〜3月と4〜6月を比べると、発注数は約150%増加。法人発注者のうち、6割が事業会社で、制作会社に発注するよりコストを抑えてスモールスタートしたいというニーズがあるようだ。具体的には「スマホ版ECサイトのトップページのみリニューアルしたく、デザインは自社対応するのでコーディング対応してほしい」といった必要な部分だけ切り出して発注するケースが出てきている。

 さらに、DXに関する発注者数も、今年6〜8月の発注者数は、コロナ前の19年9〜11月と比べ142%増加。「訪問営業をオンライン完結型にするためにシステム開発したい」「クリニックでの紙書類をデジタル化やデータベースで一元化したい」と、業界を問わず発注が増えているという。

 キャリアアップ、転職、副業。目的に応じて学び、自身のキャリアにかけ算すれば、プログラミングは強い味方になってくれそうだ。(ライター・市岡ひかり、編集部・福井しほ)

※AERA 2020年12月7日号より抜粋

【おすすめ記事】スガノミクスでどうなる? 行政のDX化に期待感も、見えぬ成長戦略


このニュースに関するつぶやき

  • 新型肺炎が原因でかつての大企業が今いる従業員を解雇して個人事業主になろうとしている。人には無い技術を身に付けて転売屋になろう。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 今からあらたに勉強するなら、python、ruby、PHPがお勧めです。特に、pythonはこれからどんどん伸びるでしょう。ITスキルは努力した時間に比例して伸びていきます。
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定