ハーレーの電動バイクが日本上陸! 「ライブワイヤー」の実力は?

3

2020年12月04日 11:31  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイク「ライブワイヤー」(LiveWire)が日本に上陸した。ハーレーの電気バイクはどんな音がするのか。速いのか。どのくらいの距離を走れるのか。いくらで買えるのか。車検はどうするのか。実車を見て、気になることを確認してきた。

○EVハーレーの実力は?

世界初の量産電動スポーツバイク(ハーレーダビッドソン ジャパン調べ)として、2019年に欧州と米国で先行販売が始まった「ライブワイヤー」。アジアに登場するのは今回の日本モデルが初めてだ。

電気のみをエネルギー源とするモーターサイクルとは一体、どんなものなのか。まずは「ライブワイヤー」の心臓ともいえる「H-D Revelation 電動パワートレイン」をチェックしてみよう。

最高出力75kW、最大トルク114Nmの電動モーターは、ケース内に縦置きしたモーターをレベルギアで横軸に変換し、ドライブベルトからリアタイヤに駆動を伝える仕組みだ。スロットルはひねった瞬間から100%のトルクを発揮し、ゼロヒャク加速(時速100キロまでの加速に要する時間)はなんと約3秒。ポテンシャルはスーパーカー並みといって差し支えないだろう。

となれば、その性能を引き出すには、それなりの運転テクニックが必要になりそうなものだが、変速機のないライブワイヤーはスロットルレバーの開閉で回転数を操作できるので、操縦イメージとしてはビッグスクーターに近い。これなら、異次元の走りを誰でも簡単に楽しめるのではないだろうか。

電動化したことで、バイクの醍醐味ともいえるエンジンサウンドがどうなったかが気になっているライダーは多いはず。結論からいってしまえば、ハーレー独特の体に響くような低い重低音は持ち合わせていない。しかし、がっかりするのは少し早計だ。ハーレーダビッドソン ジャパンの平田大介テクニカルサポートマネージャーによれば、「モーター軸を縦から横に変化させる際に発する音をモーターケースに反響させることで、ジェット戦闘機のような新たなH-Dサウンドを奏でる」とのことなので、電動バイクならではの魅力を手に入れたと前向きに捉えたい。

電動モーターを動かすバッテリーは容量15.5kWhの高電圧タイプ。走行時にスロットルを開けていない時(ガソリンバイクでいえばエンジンブレーキを効かせているような状態)は、モーターを発電機として使って充電する回生ブレーキとしての機能も完備する。この機能も含めた航続可能距離が235キロなのだが、高速道路のような定常走行では最大航続距離が152キロ(東名道の東京ICから静岡市内相当)となる。

○7色の乗り味! ライドモードは切り替え可能

次に走行性能をチェックしていきたい。「ライブワイヤー」では、カラータッチスクリーンを使ってライドモードを自由に切り替えることが可能だ。

選べるライドモードは、持てるパフォーマンスを遺憾なく発揮する「スポーツモード」、日常使い向けのバランス型「ロードモード」、降雨時や路面が滑りやすい時の走行を電子制御でサポートしてくれる「レインモード」、RESSチャージ(回生)を活用して走行距離を最大限に引き出す「レンジモード」の4種類。このほかに、ライダーが好みに合わせてパワー、回生ブレーキ、スロットルレスポンス、トラクションコントロールをセッティングできるカスタムモードを3種類まで登録可能だ。

これらの走りを支えるフレームや足回りにも、多くの最新技術と装備を採用している。フロント回りには、軽量化と高いダンピング性能を両立するショーワのSFF-BP 43mm フルアジャスタブル倒立フロントフォークにブレンボのモノブロックキャリパーを組み合わせているのが確認できた。

自動車に続き、バイクにも電動化の波が押し寄せる中、他社に先駆けて登場したハーレーのライブワイヤー。運転には大型自動二輪免許もしくは大型自動二輪免許(AT限定)が必要だが、道路運送車両法ではガソリン車の250cc未満と同じ扱いとなるため車検は不要だ。販売価格は自動車並の349万3,600円とお高く感じるが、これだけのハイスペックで維持費を低く抑えられるのであれば、一躍大ヒットなんてこともあるかもしれない。

今回、日本モデル発表の場となった神田明神では、発売を記念して12月6日(日)までライブワイヤーが先行展示される。12月12日(金)からの各週末は、全国の正規取扱ディーラーにて順次、展示販売を行うとのことだ。

安藤康之 あんどうやすゆき フリーライター/フォトグラファー。編集プロダクション、出版社勤務を経て2018年よりフリーでの活動を開始。クルマやバイク、競馬やグルメなどジャンルを問わず活動中。twitter:@andYSYK。 この著者の記事一覧はこちら(安藤康之)

このニュースに関するつぶやき

  • 公道で異次元の走りを楽しまれては困るんだがw
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • トイザらスに行けば売ってますよ?(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定