櫻井翔、2つの思い出の聖地への想いを語る「ずっと”夢の場所”なんだと思います」

0

2020年12月04日 12:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

櫻井翔が12月9日発売のライフスタイルマガジン『Casa BRUTUS』2021年1月号の表紙に登場。今年いっぱいで活動を休止する嵐の思い出の地である神宮外苑の国立競技場と国立代々木競技場という2つの聖地を訪れた。


櫻井が日本各地のさまざまな建築を訪ね、その魅力をリポートしていく『Casa BRUTUS』の連載「櫻井翔のケンチクを学ぶ旅。」。2011年3月号から始まり、足かけ10年間に及ぶ長期連載となった。嵐としての活動を休止する2020年12月の発売号は、今年11月3日に開催された「アラフェス 2020」の会場になった新しい国立競技場、そして1999年11月 3日にデビューイベント「"嵐"大集会」握手会を行った国立代々木競技場、という嵐にとっての聖地とも言える「2つの国立競技場」がテーマ。



櫻井は「外苑の国立競技場では 2008 年から6年連続でコンサートをやらせてもらいました。それ自体が今、振り返ってみても奇跡のよう。代々木で握手会をした時には、”夢見ること”すらしていない未来でした。そんな国立競技場に繰り返し訪れる機会をいただいて、そのたびに感じていたのは、ここが本当に『聖地』なんだということ。他のスタジアムにはない、ここだけの特別な空気が満ちていました。新しい国立競技場はまだまっさらな場所。いろんな人にとって”夢の場所”だと思います。僕ら嵐にとってもそれは同じ。11 月 3 日に配信したライブでは、すべての夢を叶えられたわけじゃないから。だから、国立競技場への気持ちは、2008年に初めてコンサートをした時と同じ。これからも、ずっと”夢の場所”なんだと思います」と振り返った。



新旧2つの国立競技場を訪れ、新たな旅立ちの時を迎えた櫻井さんの晴れ姿は、同誌の表紙と巻頭12ページのボリュームで掲載されている。

    ニュース設定