シーリングライトとスピーカーが合体したソニーの「マルチファンクションライト2」、2代目はどこが変わった?

1

2020年12月04日 12:03  ITmedia PC USER

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真「マルチファンクションライト2」。音量調整などにも対応した新リモコンを追加したのが最大の特徴だ
「マルチファンクションライト2」。音量調整などにも対応した新リモコンを追加したのが最大の特徴だ

 シーリングライトにスピーカーが合体したソニーのマルチファンクションライトに、このたび音量調整対応のリモコンを追加した新モデルが登場した。



【その他の画像】



 従来モデルは、照明機能を除く操作のほとんどをスマホアプリに頼っていたが、今回のモデルで新たに追加された専用リモコンがあれば、主な操作はスマホなしで利用できる。



 この他にも、スピーカー性能の改善や各種操作の高速化など、見た目こそ同じながら、全体的にブラッシュアップが図られている。今回はAmazonや家電量販店において税込み5万2580円で販売されているハイエンドモデル(MFL2100S)の実機を借用できたので、早速試用してみた。



 なお、一部の機能を省いたスタンダードモデル(MFL-1100S)もAmazon税込み価格2万9700円で用意される。



・ソニーが専用リモコン操作もできるIoTシーリングライトを発売



・人感センサーで自動運転が大幅進化 ソニーの新型スピーカー付きシーリングライト



・ソニーの超多機能マルチファンクションライト「MFL-1000A」を試してみた



●マルチファンクションライトが備える機能とは?



 まず簡単に、本製品の概要を紹介しておこう。本製品は、8〜10畳程度の広さの部屋に対応するシーリングライトの中央に、Bluetoothスピーカーユニットを追加したモデルだ。天井に取り付けるためスピーカーの置き場所が不要になる他、電源をシーリングライトと共用できるのも利点となる。



 さらに本製品は、TVおよびエアコンを操作できるスマートリモコン機能(スタンダードモデルは別途ライセンスが必要)を搭載したり、内蔵の人感センサーを用いることで、外出先から帰宅すると照明をオンにしたり、TVやエアコンをつけるといった自動操作も行える。侵入者を検知して警告することも可能だ。



 温度などのセンサー類も備えており、スマホアプリでその変化をグラフ表示できる他、室温をトリガーにエアコンの運転を始めることなども可能だ。見た目は一般的なシーリングライトながら、あらゆる機能を詰め込んだ、マルチファンクションライトの名にふさわしい製品と言えよう。



 さらにスマートスピーカーとの連携にも対応している。詳しくは過去のレビュー記事で詳しく紹介しているので、興味がある人は参照してほしい。



●音量調整などにも対応した新リモコンが追加



 さて、従来のマルチファンクションライト(MFL-2000S)には、照明のオン/オフと明るさの調整、色調の調整が可能なリモコンも付属していた。照明として使うだけならばこれだけで問題ないが、ここまで挙げてきた付加機能を使うためには、専用アプリをインストールしたスマホが必要だった。



 しかし、スマホは利用のたびにアプリを立ち上げる必要があり、スマホ自体は個人が外に持ち出すことも多く、家族での利用にあたってはネックになっていた。個人の部屋であればまだしも、リビングで使おうとする場合、この問題は大きい。



 そこで今回のモデル(MFL-2100S/MFL-1100S)では、音量調整をはじめとする付加機能についても対応したリモコン「マルチファンクションライト2専用コントローラー」が添付された。これならば、家族が外出していてスマホが手元になくとも、操作が行えるというわけだ。



 今回のリモコンで新たに可能になった操作をざっと見ていこう。



 まずは音量の調整だ。ライトとスピーカーユニットの通信仕様を見直すことで、単純な音量の上下だけでなく、ミュートにも対応した。なおBluetoothデバイスでは、出力先のスピーカーやイヤフォンで音量を調節すると、ソース側も連動して音量が上下する製品もあるが、本製品はあくまでスピーカー側で上下させているので、仮にソース側で音量をミュートしていると、どれだけ本製品側でボリュームを上げても音は大きくならない。



 また、Bluetoothのペアリングモードもリモコンから有効化できるようになった。スマホやウォークマンなどを気軽につなげるのは便利だ。ちなみに従来と同じく、本体を再起動するとしばらくペアリングモードが有効になる機能も、変わらず搭載されている。



 面白いのは警戒モードと呼ばれる機能だ。リモコンの右下にあるこのボタンを押すと、人感センサーが有効になり、部屋の中で不審な動きが見られるとアラートを発するようになる。防音性の低い共同住宅であれば、隣室にも十分聞こえるレベルの音量だ。



 これを解除するためには、リモコンもしくはスマホアプリの警戒モードのボタンを押さなくてはならない。つまり、操作方法を知っている家族以外の誰かが部屋に侵入してきた場合のセキュリティとして機能するというわけだ。



 ちなみに新しいリモコンには、現時点では機能が割り当てられていない3つのボタンが存在する。上にある2つは、マイクおよび再生を示す三角形のアイコン、もう1つは指先のアイコンがあしらわれている。



 現時点ではこれらがどのような役割を果たすのかは不明だが(前者は伝言機能回りの可能性が高そうだが)、今後の進化が楽しみだ。



 続いて、一新されたスマホアプリを見ていこう。



●スマホアプリはデザイン一新で使いやすく



 今回の製品からは、スマホアプリ「MF light」が「MF light2」へと進化し、デザインも一新された。使い勝手もかなり変わっているので、こちらもチェックしておこう。



 最大の違いはホーム画面のデザインだ。以前は簡素なリスト形式だったが、今回のアプリでは部屋を模したデザインとなり、そこに表示される照明やTV、エアコンのアイコンをタップすることでそれぞれの操作が行えるようになった。直感的に利用できるという意味では非常に分かりやすい。



 特に以前のアプリは項目数が多すぎて、全機能を表示するために上下のスクロールを必要としていたが、今回のアプリでは1画面で完結するようになった点が大きい。今回は、画面サイズが比較的小さい「iPhone 12 mini」を使ってみたが、スクロールなしで表示できた。



 この部屋のイラストは、リビングと寝室の2つから選択可能で、設置先の部屋に近いデザインを選ぶことができる。また、TVやエアコンの操作はもちろん、赤外線リモコン機能のセットアップもこの画面から行えるなど、使いやすく工夫されている。



●「使ってみよう」と思わせるブラッシュアップ



 以上ざっと見てきたように、本体側のデザインは一切変わっていないが、新しいリモコンの追加を中心に、使い勝手が大幅に改善され、アプリのリニューアルによって、操作もより直感的に行えるようになった。



 従来は「みまもりモード」という名前だったのが「警戒モード」という直接的な名称に変わり、リモコンに専用ボタンが搭載されるなど機能がより前面に押し出されるようになった。位置づけがはっきりしたことで、より分かりやすくなり、ユーザーとしても「なるほど使ってみよう」となりやすい。こうしたブラッシュアップは歓迎だ。



 一方で気になったのは、新しく追加されたリモコンでは、照明を電球色もしくは白色に変更した後、オフ→オンを行うと、元の中間色に戻ってしまうことだ。従来の「電球色100%」および「白色100%」というボタンが、今回のリモコンで省かれているのが原因だろう。



 本製品は従来のリモコンも添付されているので、「電球色100%」および「白色100%」のままでのオン/オフはそちらを使えばよいのだが、完全な上位互換/下位互換でないのは少々分かりづらい。2つのリモコンを室内のどこに配置するか、本製品を購入したユーザーは、まずそれを悩むところから始めることになりそうだ。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定