ベストオブミス2021新潟大会が出場者を募集中 2020年度ファイナリストの両田沙都さん「自分の身体と向き合うようになりました」

0

2020年12月04日 17:02  デビュー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デビュー

写真2020ベストオブミス新潟ファイナリスト・両田沙都さん。
2020ベストオブミス新潟ファイナリスト・両田沙都さん。
 世界的ミスコンテスト「ミスユニバースジャパン」「ミスグランドジャパン」「ミスユニバーシティ」の合同地方代表選考会「ベストオブミス」(Best of Miss)の2021年度新潟大会が出場者を募集中。募集に合わせて2020ベストオブミス新潟ファイナリストの両田沙都さんにインタビューを行った。

【写真】2020ベストオブミス新潟ファイナリスト・両田沙都さんのウォーキング。

■2020ベストオブミス新潟・ファイナリスト両田沙都さんインタビュー

――ベストオブミス新潟大会に応募したきっかけは?

 「最初は大会の存在も知らなかったんですが、友人が大会に出てみるという話を聞いて私も興味を持ちました。大会の内容や3つの世界大会へ繋がる賞に選ばれる可能性があるとの事で誘いを受け、友人と一緒ならと、私もエントリーすることにしました。女性としての意識もこの大会を通して変えられるのではないかと感じました」

――大会に参加したなかで、印象に残っていることは?

「大会の前に初めてドレスを試着し、ウォーキング練習をした時のことです。普段の自分とは違い雰囲気も姿も美へと近づき、気分も高揚していました。大きい鏡で自分のウォーキングを確認しながら、自分の魅せ方やドレスの特徴を見せるポージングなど本当に楽しんで練習をすることができました」

――大会を通じて成長できたことを教えてください。

「自分の身体と向き合うようになりました。栄養や代謝、身体のマッサージなどが美につながることを知りました。その日の疲れを残さないこと、バランス感覚を備えるには足の先まで意識することなどをビューティーレッスンで教わり、今でも姿勢の意識やマッサージなどを継続して体調を整えています」

――これから、達成したい夢など教えてください。

「新潟のために何ができるかを考え、女性として強く美しくなる事を目標としています。自分にはできないと諦めずに、やりたいことは前向きに行動するようにしています。今後、より美や心の強さを磨き日本・新潟に貢献できる人材になれるよう頑張っていきたいと思います」

――これから応募しようと思っている人に向けて、エールをお願いします。

「私は、ベストオブミス新潟に参加して自信を持つことができました。ファイナリストも初めから全てが完璧ではありません。ビューティーレッスンや日々の意識で気持ちや魅せ方が変わってきます。2021年の新潟代表はあなたかもしれません。自分の可能性を信じて応募してみてください。そして新潟を美で盛り上げてください。応援しています」
    ニュース設定