ランエボで培ったS-AWCと、ミツビシ自慢のPHEVが付与された新型『エクリプスクロス』デビュー

0

2020年12月04日 17:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真ミツビシ・エクリプスクロスPHEV “P”(ボディカラー:ホイトダイヤモンド)
ミツビシ・エクリプスクロスPHEV “P”(ボディカラー:ホイトダイヤモンド)
 三菱自動車は12月4日、マイナーチェンジを実施し新たにPHEV(プラグインハイブリッド)モデルを追加したクロスオーバーSUV『エクリプス クロス』を発表。同日より全国の系列販売店を通じて販売を開始した。

 エクリプス クロスは、ミツビシのグローバル販売モデルとして2017年に登場したクロスオーバーSUV。スタイリッシュなクーペフォルムのデザインと、SUVの力強さが組み合わさることで、RVカーで一時代を築いたミツビシらしいSUVとして好評を博してきた。
 
 そんなエクリプス クロスが2020年、ビッグマイナーチェンジを受け大きく進化した。そのトピックのひとつがデザインの刷新だ。新型モデルではPHEVシステムの導入に伴いボディ全長が140mm(フロント35mm、リヤ105mm)延長されている。
 
『Daring Grace(大胆にして、優雅)』というコンセプトの下で行われたデザイン面の改良ではこの全長の延長を活かし、より流麗で上質なフォルムを実現。そのなかでリヤは従来のダブルガラスからシングルガラスに変更し、伸びやかなフォルムを形成するとともに三方向に伸びる立体的なリヤランプを採用することで独自性を持つデザインとなった。

 また、フロントはミツビシ独自の“ダイナミックシールド”を進化させ、精悍でスポーティな味付けに。従来ヘッドライトがあったポイントはデイタイムランニングランプとターンランプのみとし、ヘッドライトとフォグランプがその直下のバンパーサイド部に移動されている点がハイライトのひとつだ。

 これに合わせてインテリアもスポーティな印象を与えるブラックを基調としたものとなったが、メーカーオプションの本革シートにはブラックに加えて新たにライトグレーが設定されるなど上質感の向上も図られている。

■四輪制御技術『S-AWC』で思いどおりの走りを実現

 今回のマイナーチェンジでは従来ラインアップされていたディーゼルエンジンモデルが廃止され、プラグインハイブリッド車が新たに加わった。
 
 2.4リットルガソリンエンジンと前後2基のモーターの組み合わせはアウトランダーPHEVから継承されたものだが、エクリプス クロス用に最適化されており、電動車ならではのより軽快で力強い走りが可能に。床下に置かれる駆動用バッテリーの容量は13.8kWhで、EVモードでの航続距離は57.3kmとなっている。
 
 そんなPHEVモデルと1.5リットルガソリン車の両方においてボディの剛性強化、サスペンションの最適化が行われた。これに加えて前者ではツインモータ―4WDをベースとしたS-AWC(スーパー・オールホイール・コントロール)が採用され、高応答・高精度・高自由度という電動車の特性を生かしキビキビとした走りを獲得した。
 
 また、ガソリンモデルにおいても電子制御4WDをベースに、アクティブ・ヨー・コントロール(AYC)と、ABS&アクティブ・スタビリティ・コントロール(ASC)を協調させるS-AWCを採用することで、運転操作に忠実で安心感の高い車両挙動を実現している。

 WRC世界ラリー選手権やダカールラリーへの参戦を通じて鍛えられたS-AWCの制御は“ノーマル”、“スノー”、“グラベル(未舗装路)”からなるモード設定で切り替えることができ、バッテリー搭載による低重心化の恩恵を受けるPHEV車ではよりスポーティな走りが楽しめる“ターマック(舗装路)”モードも選択可能だ。
 
 この他、機能面ではPHEV車のラゲッジルーム内に最大1500Wまで対応する100V AC電源が設置された。この装備はキャンプなどのアウトドアレジャーや、災害時の電源供給に役立つほか、V2H機器と接続すれば家庭用蓄電池としてクルマに蓄えた電力で自宅内の家電製品を動かすといった利用方法にも対応する。
 
 マイナーチェンジに合わせて新設定された8インチスマートフォン連携ナビゲーションは、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応。携帯端末と接続するだけでミュージックアプリなどお気に入りのアプリケーションをそのまま利用することができる。

 従来からある6色のボディカラーに有料色のホワイトダイヤモンドを加え全7色展開となった新型エクリプス クロスは、PHEVモデルに『P』『G』『M』、ガソリンモデルに『Gプラスパッケージ』『G』『M』の各3グレードが用意され、価格はPHEV車が384万8900〜447万7000円(税込)、ガソリン車は253万1100〜334万6200円(税込)となっている。


『エクリプス クロス』車両情報:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/index.html
『エクリプス クロス』スペシャルコンテンツ:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/special/contents/index.html
    ニュース設定