indigo la End、2月にアルバム&歌詞集を同時発売 川谷絵音「自分の歌詞に救われた」

0

2020年12月04日 22:56  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真川谷絵音(左)がボーカルを務めるindigo la End
川谷絵音(左)がボーカルを務めるindigo la End
 結成10周年を迎えた4人組バンド・indigo la Endが3日、東京国際フォーラム ホールAで『indigo la End ONEMAN TOUR 2020-2021「夜警」』東京公演を行い、来年2月17日にメジャー6枚目のフルアルバム『夜行秘密』をリリースすることを発表した。

【ライブ写真】indigo la Endの東京国際フォーラム ホールA公演

 前作から『濡れゆく私小説』(昨年10月発売)から1年4ヶ月ぶりとなる新アルバムは、切ない恋愛ソング全14曲入り。初回限定盤には、今年1月に東京・中野サンプラザで行われたコンセプトの異なる2days公演を収録。アルバムと同日には、自主制作時代からニューアルバムまでの楽曲の歌詞集も発売される。

 この日はボーカル・川谷絵音の32回目の誕生日とあり、アンコールでは電飾で飾られたケーキが登場し、観客の手拍子に合わせてメンバーがバースデーソングを合唱する一幕も。川谷は「今年は普通の年じゃなかったけど、10周年で歌詞を振り返って、自分の歌詞に救われました」と話すと、「Unpublished manuscript」を披露。サイケデリックな轟音とともにライブが終了した。
    ニュース設定