二宮和也『嵐にしやがれ』“ひねくれ事件年表”で人生振り返る ブレイクきっかけ&ハリウッドデビュー秘話も

0

2020年12月05日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真5日放送『嵐にしやがれ』は二宮和也記念館&デスマッチに岡田将生、志尊淳が登場 (C)日本テレビ
5日放送『嵐にしやがれ』は二宮和也記念館&デスマッチに岡田将生、志尊淳が登場 (C)日本テレビ
 人気グループ・嵐が出演する5日放送の日本テレビ系バラエティー『嵐にしやがれ』(毎週土曜 後9:00)では、最終回まで残すところあと4回となり、これまで数多くのゲストの人生をひも解いてきた『記念館』コーナーにおいて、メンバー5人にスポットを当てた企画を開催中。第3弾となる今回は二宮和也をメインに、『事件簿』と『記念品』で振り返る『ひねくれ事件年表』を送る。なお、二宮ゆかりのゲストとして、高橋克実、中丸雄一(KAT-TUN)、鈴木拓(ドランクドラゴン)が登場する。

【写真】大野智作品展より…初お披露目となる巨大細密画

 小学生時代、あまりにもインドアで人見知りだった二宮少年がとある所へ修行に行ったテレビ取材の貴重映像を初出し。小学生時代の二宮の行動に「今とあまり変わらない」と一同、大爆笑となる。ジャニーズ事務所入所のオーディションでは、「野球の試合と重なった」とあまり乗り気ではなかった二宮少年に対し、親がとったある作戦と二宮のオーディションでの予想外の行動とは。

 ジャニーズJr.時代「これは大きかったですね」と二宮も語るブレイクのきっかけにまつわる秘話も披露。相葉雅紀と松本潤が断らなかったら自分がやることはなかったという貴重な裏話も飛び出すなか、相葉・松本も交えて、当時のジャニーさんとの会話を再現。スタジオを沸かせる。このほかにも、めったに泣かない二宮の『トイレひきこもり大号泣事件』など素顔をうかがい知るエピソードも続々、公開する。

 また、嵐として活動する一方で、俳優としても頭角を現していった二宮。23歳の時、映画『硫黄島からの手紙』でハリウッドデビュー。高橋は当時のことを「よく覚えていますよ」と、映画に出演が決まった時の二宮について話す。さらにメンバーが二宮を送り出した際に大野が渡したせん別の品とは。二宮の俳優人生を変えた、驚きのカードマジックに一同は衝撃を受けることに。

 名店の逸品をかけてクイズに挑戦する『デスマッチ』企画には今回、俳優の岡田将生と志尊淳が登場。2人が大好きだという焼肉デスマッチを行う。「ハマる趣味が見つからない」という二人が、嵐におすすめの趣味を質問。松本が最近ハマっているという趣味も明かされる。
    ニュース設定