「自撮りしたら背後にかわいい霊がいた」 “ヤバイ美女”引き寄せ体質が極まって幽霊まで引き寄せてしまった漫画「ヤバい美女とテルオくん」

0

2020年12月05日 08:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真なんかいる
なんかいる

 モテすぎて幽霊にまで好かれてしまったテルオ。霊はどうやらテルオを呪い殺すつもりらしいのですが、どうすれば許してくれるの? 思い切って聞いてみると、開放の条件はまさかの「キス」! そんなヤバい距離感の女性たちを描くのが、この「ヤバイ美女とテルオくん」シリーズです。



【その他の画像】



 本作は、どんなトラブルも「平気平気!」のスピリッツで乗り越えるOLを描いた「耐え子の日常」でもおなじみ、そろそろ谷川さんによる漫画シリーズ。主にInstagramなど、SNS上で展開されています。



 何げなく部屋で自撮りをした主人公のテルオ。スマホの写真を見ると、女性の霊が写り込んでいました。何度やり直しても変わりません。背後にかわいい幽霊がくっついているのです。ちょっと怖くなったテルオは、何もない空間にお願いしてみます。「取り憑くのはやめてください!」と。そして、また自撮りをしてみると。



 幽霊な彼女は両手で「バツ」のポーズ。成仏する気はない様子です。「はっ!」となるテルオ。まさか呪い殺すつもりなんじゃ……。そう尋ねてみると、今度は「マル」のポーズが返ってきました。そんなバカな。いったいどうしたら許してくれるの?



 必死になって再び聞くと、今度は霊が「キス」の顔。半信半疑で応じてあげるテルオ。すると彼女はふわぁ〜っと、成仏したのでした。めでたしめでたし、なのか? でもこんなにキュートな霊なら、取り憑かれるのも悪くない。



 どんなときも誰にでもモテるテルオですが、ある夜のこと。テルオの家に訪問者が。そっとドアを開けると、またもすてきな女性が立っています。けれど知らない人なので「どなたですか?」と聞くと、彼女は「たぶん知り合いです」とのこと。「だってLINEで『知り合いかも』に出てましたよ」と強引な論理を展開してきます。というか、なんで自宅の場所知ってるんです??



 すると彼女は「TOP画像の背景から住所を特定しました」とさらり。「今晩泊まっていいですか?」とまで言ってきます。いやいやいやいや、いいわけないでしょう! と断ると、彼女は首をかしげます。「わたしたち、『知り合いかも』ですよ?」。その理屈でいうと知り合いじゃないかも? と突っ込まざるを得ません。「知り合いかも」の、意外な罪深さ。このあとテルオはどうなったんだろう。



 フンフフ〜ン。テルオが会社で仕事していると、隣の席の女性が鼻歌を歌っています。あ、その曲は! と思わず話しかけるテルオ。「実はその曲、ボクも大好きなんです」。すると「知ってますよ」と彼女。「以前、テルオさんの鼻歌聞いて、好きになったんです」と言います。へー、そんなことからハマることもあるんですねと、テルオはなんだかうれしくなってしまうのでした。



 彼女に「一緒に聞きますか?」なんて言われて、テルオはイヤホンを片方借りることに。片方ずつで音楽を聞くのって、なんだかドキドキする。……と思った刹那、流れてきたのは、テルオ自身の声でした。なんと彼女は、テルオの鼻歌そのものを聞いていたのです。「え?」。驚くテルオ。しかし彼女は至って冷静に言います。「そうですよ。テルオが歌っていたあの時、録音したんです」。いくらなんでも怖すぎるだろ!



 こんな「ヤバい」美女たちが繰り出すドキドキも、気が付けば恋のドキドキに変わっていたなんてことが、あるのでしょうか。……ないよ!



作品提供:作者ブログ「耐え子の日常&そろそろ谷川の漫画」


    オススメゲーム

    ニュース設定