「素人相手にコンボ決められててワロタwww」いのじんVSなみだの“ゲマキ”対決の行く末は…/アニメ「BORUTO」第176話

0

2020年12月05日 18:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『BORUTO −ボルト− NARUTO NEXT GENERATIONS』12巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄、脚本:小太刀右京/集英社)
『BORUTO −ボルト− NARUTO NEXT GENERATIONS』12巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄、脚本:小太刀右京/集英社)

 2020年11月29日(日)に放送されたアニメ「BORUTO −ボルト− NARUTO NEXT GENERATIONS」第176話。物語冒頭で下忍たちが“ゲマキ”に興じる姿が登場し、視聴者から「素人相手にコンボ決められててワロタwww」と爆笑の声が寄せられている。

【ネタバレあり】『鬼滅の刃』堂々の完結! 絶叫飛び交う完全決着と最終巻で色濃く表れた吾峠呼世晴先生の人生観

 そもそもゲマキとは、歴代の忍たちが描かれたカードゲーム「激・忍絵巻(げき・しのびえまき)」のこと。「BORUTO」ではゲマキで遊ぶ下忍たちが度々描かれており、同話では山中いのじんと雀乃なみだによる対戦シーンがお目見えした。

 どうやらなみだはゲマキ初心者のようで、「次はどうすればいいの?」とどこか不慣れな様子。そんな彼女に「これだから素人は困っちゃうよね〜」と謎のマウントをとるいのじんだったが、次の瞬間なみだが“究極コンボ”を決める。

 これにはさすがのいのじんも、「究極コンボ!? そんなのアリ!?」と唖然。周りから「連鎖の威力を甘くみた罰だな」「いのじん負けちゃったの〜?」とガヤが飛び交うと、「もうひと勝負!」と再戦を申し込むのだった――。

 素人相手に瞬殺されたいのじんには、ネット上も「マウントとっておきながら惨敗は恥ずかしすぎるwww」「いのじん、どんまい…」といった反響が続出。中には「初心者にして最強コンボを決めるとかスゲェ」「なみだちゃんゲマキの才能あるな」といった、なみだに対する称賛の声も上がっている。

 ちなみに来週放送の第177話は、いのじんのフィーチャー回になる模様。次回はぜひとも彼のかっこいい姿を拝みたいものだ。

■アニメ「BORUTO −ボルト− NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週日曜 17:30〜
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか

    オススメゲーム

    ニュース設定