浜辺美波、バナナ食べながら寝ちゃった過去 “画伯”ぶり発揮し赤面「宇宙人みたい…」

2

2020年12月05日 18:19  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『約束のネバーランド』完成記念オンライン祭りに参加した浜辺美波
映画『約束のネバーランド』完成記念オンライン祭りに参加した浜辺美波
 女優の浜辺美波が5日、オンラインで主演を務める映画『約束のネバーランド』(12月18日公開)の完成記念オンライン祭りに参加した。

【写真】共演の板垣李光人らも参加

 浜辺は誰よりもまっすぐな性格の主人公・エマを担当。クールな少年・レイを城桧吏、理性的でリーダー格のノーマンを板垣李光人が演じる。また、孤児院「グレイス=フィールド」で理想的なママを務めながら、裏で鬼の手下として暗躍するイザベラを北川景子、イザベラの手下で、シスターながらに下克上を狙うクローネを渡辺直美が担当する。この日はアニメ版のエマ役の諸星すみれ、レイ役の伊瀬茉莉也、ノーマン役の内田真礼も参加した。

 同作の魅力について浜辺は「ストーリーが好き。もともと原作も大好き。原作はもちろんキャラクターのかわいらしさ、画のプリティさも好きだったんですけど何より次の展開が見えないストーリーに引き込まれました。それは映画になっても共通していると思います」と熱弁。そんな作品の実写化だけに、伝えたい思いもあったそう。「もともと原作が好きでエマ像が見えていた。視聴者にどう映った方がいいのか、ファンとして見えていた部分があったので、それを参考にしました」と役作りを振り返っていた。

 一足早く映画を観たという諸星は「もともと浜辺さんに持っていた印象がはかないというか、可憐な少女というイメージ。エマは正義感が強くていい意味で巻き込む。どういうふうに演じられるのかと思ったら、エマにしか見えなくて。すごくピッタリハマっていましたし、力強い演技に圧倒されちゃいました」と驚きの表情を見せていた。

 イベントではフリップトークも。推しキャラについて、浜辺はフィルと記し、イラストも添えた。ただ、似てはいるものの、黒いペンだけで書いてしまったため、ほとんど目が真っ黒に…。改めてフリップを見た浜辺は「ちょっと怖い…。宇宙人みたいになってる」と照れ笑い。それでも「原作を見た時からフィルの口元から意外と頭のいいところまで全部が好き。この作品の癒やされキャラですね!」と理由を語っていた。

 また、視聴者からの質問コーナーも。小さいころなりたかったものを問われると浜辺は「歯医者さんかサーカスの人です」とにっこり。「歯医者さんは虫歯が多かったので、いっぱいお世話になっていた。バナナを食べながら寝たりして(笑)。ほとんど虫歯になって、お世話になっている人の職業がいいなって思った」と明かしながら「お手玉が得意だったんですよ。シルク・ドゥ・ソレイユを見て、かっこよさに『サーカス向いてるかもしれない!』って。歯医者さんになるか、サーカスの人になるか、本当に迷いました」と幼少期を懐かしんでいた。

 原作は、7月に発売された19巻までで全世界累計発行部数2400万部を突破している人気漫画。来年1月からはアニメ第2期の放送が決まり、ハリウッドでの実写化企画も進行している。

このニュースに関するつぶやき

  • 顔よりも肌が露出した服のデザインが気になる写真 https://mixi.at/ajrBTBS
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 顔よりも肌が露出した服のデザインが気になる写真 https://mixi.at/ajrBTBS
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

オススメゲーム

ニュース設定