「素晴らしい!」「再現度高くてびっくり」 品川ヒロシ、ホラーサバイバルゲーム実写化のクオリティーが感動レベル

2

2020年12月05日 20:48  ねとらぼ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ゲーム画面かと思った……
ゲーム画面かと思った……

 お笑いコンビ「品川庄司」の品川ヒロシさんが12月5日、YouTubeチャンネルでホラーサバイバルゲーム「Dead by Daylight(デッド バイ デイライト・以下「DbD」)」の実写パロディームービーを公開。品川さんや狩野英孝さんらによるキャラクターのコスプレの完成度もさることながら、小道具まで作り込まれた高いクオリティーが話題となっています。DbDが好きすぎて実写化するってすげぇな



【画像】別カット(6枚)



 「DbD」は、殺人鬼(キラー)とサバイバーが鬼ごっこを繰り広げるCERO-Z(18歳以上のみ対象)作品。もともとDbDをプレイしていた狩野さんの勧めでゲームをプレイし始めた品川さんは、自身のYouTubeチャンネルでも実況動画を始めるほどハマった結果、「実写で撮影してみたい」という思いが込み上げてきたようで、普段映画を一緒に制作しているスタッフに協力を仰いで今回の実写化が実現したようです。



 品川さんが監督と脚本を務めた実写パロディームービーは、DbDプレイ中のあるあるを実写で再現したもの。狩野さんやお笑いコンビ「天津」の向さんらがサバイバー役として登場し、実際にゲームをプレイしているかのような世界観をしっかりと再現しています。クオリティー高ぇなおい!



 普通に監督として本気を出しすぎてしまった品川さん。この仕上がりに狩野さんも「素晴らしい!」「一個一個の美術のクオリティーが高すぎて、現場で感動しまくり」と絶賛しており、コメント欄でも「思ってた数十倍クオリティ高くてビックリしたw」「釣られてる時の再現度wwwwwww」「再現度高くてびっくり」「小道具だけでなく、演者の動きや表情も最高でした笑笑」「フックすご!!!」と感動する声が寄せられた他、「このご時世、ここまでして楽しませようとしてくれるの本当ありがたい」とエンターテイナーとしての品川さんを称賛する声も上がっていました。遊びに本気になる大人いいな。



 なお、品川さんによると「よしもとが経費を出してくれると思ったら、『ノーギャラで200時間ゲーム実況をしろ』と言われて現在ゲーム配信サイトミルダムにて借金を返済中」とのことです。


    ニュース設定