ディズニーが贈るクリスマス・ファンタジー映画『フェアリー・ゴッドマザー』

0

2020年12月05日 23:13  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真クリスマス・ファンタジー映画『フェアリー・ゴッドマザー』Disney+(ディズニープラス)で12月11日より独占配信 (C)2020 Disney
クリスマス・ファンタジー映画『フェアリー・ゴッドマザー』Disney+(ディズニープラス)で12月11日より独占配信 (C)2020 Disney
 おとぎの世界の妖精を題材にしたクリスマス・ファンタジー映画『フェアリー・ゴッドマザー』が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のオリジナル作品として11日より独占配信される。

【写真】ピンクのドレスがキュートなエレノア

 おとぎの世界「マザーランド」に住みながら日々魔法の習得に励む見習い妖精のエレノア。ある日、世の中がおとぎ話を信じなくなったために、マザーランドが閉鎖の危機に晒されていると知る。人々の願い事を叶えてフェアリー・ゴッドマザーの必要性を証明すれば、マザーランドを救えると考えた彼女は、10歳の少女マッケンジーの手紙に書かれた願いを叶えようと現代のボストンへ旅に出るのだが…。

 見つけた少女はすっかり成長し、大人になっていた。数年前夫に先立たれ、歌手を夢見る娘は自信を失い、希望を失っていたシングルマザーのマッケンジーに対し、エレノアは「王子様と幸せに暮らす」最高の“ハッピーエンド”を贈ろうとするが、おっちょこちょいが転じて大騒ぎになってしまう。現代に現れたおとぎの世界の妖精は、ハッピーエンドをあきらめた家族に希望を届けられるのか?

 ロマンティック・コメディの名作「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズのシャロン・マグアイアが監督を務め、脚本は『ダメ男に復讐する方法』のメリッサ・スタックが担当。さらに、忙しい毎日の中で希望を見失っているマッケンジー役には、『お買いもの中毒な私!』『ウェディング・クラッシャーズ』のアイラ・フィッシャー、陽気で優しいおっちょこちょいな妖精フェアリー・ゴッドマザーには、『ブリタニー・ランズ・ア・マラソン』『ラフ・ナイト 史上最悪!?の独身さよならパーティー』のジリアン・ベルが演じる。

【アイラ・フィッシャー(マッケンジー 役)のコメント】
 この映画にはコメディやギャグ、ドタバタなジョークがたくさんある。そんな中で私が演じたマッケンジーは真面目な存在。このキャラクターが内面に抱えていた穴を埋めて、幸せを見つけていく様子を表現することができたの。私はそういう役をこれまであまり演じてきていなかったので、今回は本当に素敵な機会だった。ジリアンがおかしなことをやるシーンで、笑いを抑えるのは大変だったけど(笑)。この映画で、ハッピーエンドにお城や王子様やドレスは必ずしも必要ないのだということを小さな女の子たちに伝えたい。

【ジリアン・ベル(エレノア 役)のコメント】
 誰だってディズニーのプリンセスに憧れて育つんじゃない? それが私たちの目標なの。私はいつもマジカルな作品に出たいと思っていて、この役をもらえたことに、今もまだ感激している。しかもこんなに素晴らしい人たちと共演できたのよ。

 あのドレスは多くの人の協力でデザインされている。パジャマを着る1シーン以外、ずっとコルセットとドレスのあの衣装なのよね。衣装デザイナーは、寒いところでの撮影だから少しでも暖かいようにとすごく気を使ってくれたんだけど、気温がマイナスを超える寒さの中で撮影したときは本当に寒くて、ずっと震えていた(笑)。それ以外は、あの衣装が大好きだったわ。私はいつも衣装をひとつ持ち帰らせてもらうようにしているんだけど、今回のはすごすぎてちょっと(スタッフに)聞けなかったわ(笑)。
    ニュース設定