水瀬いのり、歌手デビュー5周年ライブで涙 人生見つめ直した1年…ファンの応援「恋しいなぁ」

2

2020年12月06日 09:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真初のオンラインライブ『Inori Minase 5th ANNIVERSARY LIVE Starry Wishes』を開催した水瀬いのり 写真:加藤アラタ
初のオンラインライブ『Inori Minase 5th ANNIVERSARY LIVE Starry Wishes』を開催した水瀬いのり 写真:加藤アラタ
 人気声優・水瀬いのり(25)が5日、自身初のオンラインライブ『Inori Minase 5th ANNIVERSARY LIVE Starry Wishes』を開催。アーティストデビュー5周年の集大成をファンの前に見せた。

【写真12枚】キュートな衣装で熱唱も…涙する水瀬いのり

 この日の会場は、残念ながら中止となってしまったライブツアーのファイナル公演を行う予定だった、横浜アリーナ。デビュー曲「夢のつぼみ」のきらめくイントロが奏でられると、観客のいない横浜アリーナの中央に水瀬が姿を現した。

 今回のライブ衣装は、水瀬のイメージカラーである水色や青を基調としたデザインとなっており、1着目はラメが輝く水色とシルバーのジャケット&ショートパンツという、キュートで軽やかな出で立ちに。歌い終わるとすぐにトロッコに乗り込み、「配信をご覧の皆さんも一緒にタオル回しましょう!」と叫び、ライブには欠かせない定番曲「Ready Steady Go!」へ突入した。

 トークでは「今年2020年はアーティスト活動5周年を迎えるアニバーサリーイヤーということで、このような形ではありますが、皆さんにライブをお届けできました。今日ご覧の皆さんは、自宅だったり、自分の生活の中にライブを取り込んでご覧になってくれていると思います。いろいろ忙しい中で、ご予定を空けてこの配信を見てくださって本当にありがとうございます」と観客への感謝。

 その後は、優しいピアノソロから始まる「春空」で、カラフルな花をあしらい「心はプリンセス気分」というボリューミーな水色のドレス姿にチェンジして登場。続いて「アイマイモコ」では、伸びやかなファルセットを織り交ぜながら、恋する女の子の淡い想いをキュートに表現した。

 「アーティストとしては5年、声優としては10年、生まれてきてからは25年ということで、自分にとって今までを見つめ直したり、これからのことを考えたりする、そんな2020年でした」と活動を振り返る水瀬。アンコールになると「この横浜アリーナで歌を歌わせていただいてることが、とても感慨深くて。皆さんと一緒に頑張って歩み続けたら、こんな素敵なステージに巡り合うことができました」と溢れる涙を拭いながら、「これからも宜しくお願いします!」と力を込めた。

 続けて「初めてのオンラインライブで、離れているからこそみんなの応援が恋しいなぁという時がありましたが、私からみんなにできること、そしてこれからもこんなことをしていきたい!という想いをたくさん込めたライブになったと思います。次に会えた時には思いきり全力で歌を歌いましょう。今日は本当にありがとうございました!」とファンに感謝した。

■セットリスト
1.夢のつぼみ
2.Ready Steady Go!
3.MELODY FLAG
4.笑顔が似合う日
5.Wonder Caravan!
6.春空
7.アイマイモコ
8.ココロソマリ
9.harmony ribbon
10.TRUST IN ETERNITY
11.Million Futures
12.Starry Wish
13.BLUE COMPASS
14.Starlight Museum
アンコール
15.Catch the Rainbow!
16.Innocent flower

    オススメゲーム

    ニュース設定