バスト合計206cm 工藤唯&池田レイ Jカップ共演、ベッドでいちゃいちゃ!?

6

2020年12月06日 11:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

こぼれ落ちそうなJカップが魅力の工藤唯と今年デビューしたばかりの池田レイがイメージDVDで初の共演を果たした。


池田も工藤同様に103cmの迫力バストのJカップであり、まさにJカップ同士の夢の共演のDVD『J impact』(スパイスビジュアル)をリリース。発売を記念したイベントが、秋葉原のソフマップで行われた。タイトルの通りJカップが堪能できる贅沢な作品になっている。


イメージDVDは単体での発売が主であるが、ふたりの出演は大きなインパクトを与えてくれる。共演について工藤に聞いてみると「これまで何度か共演はしていますけど、後輩の彼女とは初めてだったので、私が先輩としてアドバイスできるところはしっかりして、撮影に挑みました」と話した。池田は「まず先輩の足を引っ張っちゃいけないと考えていました。私もまだ作品をあまり出していないので、慣れなくて右も左もわからない状況の中で共演することが決まりまして、どうしようどうしようと思っていて、本当に精一杯でした」と明かした。


8月に東京と千葉県で撮影した今作。内容について工藤は「観てくれている人が私の友達で、レイちゃんも私の友達です。レイちゃんと私の友達は面識がないんですよ。そんな私の友達をふたりで誘惑をしちゃっています。観てくれている人が私の友人という設定なので、3人で楽しんでいるようになっています」と説明した。


シーンについては工藤に聞いてみると「私の部屋に友人が来て、そこで初めてレイちゃんと会うんですよ。そこからなぜか服を脱いでふたりで誘惑をしています。セーラー服を脱いだり、ロングワンピースを脱いだりして、常に彼に見せつけて誘惑ばかりしています」とコメント。


お気に入りのシーンを工藤に聞いてみると「スパンコールっぽい変形水着を着ているんですよ。このときは雰囲気を出すために、周りにバラの花びらを散りばめたり、空中にフワフワ飛ばしたりしています。今まで花を使ったことがなかったので、やっていてすごく新鮮でした」と話した。池田は「夜のシーンなんですけど、彼ではなく唯さんと絡んでいるんですよ。男性と女性の組み合わせではないですけど、男の人が観てもセクシーだと思うし、こっちもふたりでイチャイチャしたりするのも楽しかったです。このシーンの撮影のころからふたりの距離が一気に縮まっていっぱい話すようになりました」と明かした。


この作品をキッカケにふたりの仲は一気に縮まったそうだが、工藤は「これまでいろんな人と共演はしていますけど、レイちゃんが私とやってみたいと事務所の社長から聞きまして、ビックリしたんですよ。私で大丈夫かなと思っていましたけど、レイちゃんがやりたいならやってみようと思って引き受けました」と話すと、池田は「先輩と仲良くなりたかったんですよ。いまコロナとかで先輩と会える機会があまりなくて、特に唯ちゃんと会う機会が少なかったんです。お互いJカップだしいいなと思っていました。そうしたら社長から言われてやることになりました」と明かした。


共演した感想を池田は「やってみて結果的には楽しい作品になりました」。工藤は「機会があればまた共演したいです」とアピールした。

このニュースに関するつぶやき

  • こういう手合いのひとを、デブだの何だのと言ったり書いたりしているひとが、本物を目にしたら、はじめて牛を見たカエルのようになる。。。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 怒りますよexclamation ��2これなら私も脱ぎますよexclamation ��2
    • イイネ!20
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定