『幽白』実写ドラマ化で“戸愚呂兄弟”問題が再び 筋肉、肩乗りの再現「どうするの?」

1

2020年12月17日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真漫画『幽☆遊☆白書』完全版8巻の表紙を飾る戸愚呂兄弟
漫画『幽☆遊☆白書』完全版8巻の表紙を飾る戸愚呂兄弟
 人気漫画『幽☆遊☆白書』が、Netflixで実写化され、ドラマシリーズとして世界190ヶ国で配信されることが16日、発表された。この発表にネット上は「どの部分を制作するかで変わりそう」「舞台化もされていたし、ドラマ化は楽しみ」などの声があがる中、舞台化の際にも注目された「戸愚呂兄弟は再現できるのか?」「幽☆遊☆白書、実写化か…戸愚呂兄問題をどう解決するのか期待」と話題になっている。

【写真】悪オーラ全開…舞台版で完璧なビジュアルを再現した戸愚呂兄弟

 戸愚呂兄弟は『幽白』の中でも屈指の人気キャラクターで、兄は身体を自由自在に変形させる『武態』という能力を持ち、爪や指を伸ばしたり、片腕を武器に変形が可能。弟も相手の力量に応じて筋肉量をコントロールし、80%、100%と見た目が変化する。特に100%の姿は化け物じみた姿でファンに強いインパクトを残している。

 戸愚呂兄弟に対しては能力の“体の変化”に注目が集まるが、戸愚呂兄は背が低く、弟は大きいこともあって、原作では兄が弟の肩に乗っているシーンが印象的に描かれた。そのため現在公演中の『舞台「幽☆遊☆白書」其の弐』のキービジュアルが公開された際は、「戸愚呂兄、どうやって戸愚呂弟の肩に乗るのだろうか…」「戸愚呂兄は弟の肩に乗れるの?」などと期待する声が出た。

 舞台で戸愚呂兄弟を演じているのは、兄を174センチの中河内雅貴、弟を183センチの片山浩憲と背の高低はあるが「子役じゃないし、さすがに肩に乗せるのは無理だろう」「肩に乗れないと思うんだけど」とファンは考察。しかし、舞台本番では片山の肩に中河内が乗るという、不可能とされていた“肩乗り”を再現し、上演を見たファンからは「まさか再現するとは」「スタッフ、キャストの本気度が伝わった」と驚きの声があがった。

 今回の『幽白』実写ドラマシリーズは、主人公の幽助は高校生の設定で、霊界探偵として人間界・魔界・霊界を舞台に壮大な謎に巻き込まれていくストーリーが展開される。登場キャラクター&キャストなどは明かされていないが、坂本和隆エグゼクティブ・プロデューサーは「原作世代として育ち、当時のその熱狂と衝撃は鮮明な記憶として残っています。20年たった今でもその勢いは衰えるどころか、アジアをはじめ全世界にファンはひろがり続けていく中、Netflixにおける自由度の高い表現プラットフォームを最大限生かして作品づくりに向き合います」と全力で製作に取り組むことを誓った。

 今回の実写化、さらに登場を期待する戸愚呂兄弟についてネット上では「もちろん暗黒武術会やるんだよね?戸愚呂兄弟CG?w」「戸愚呂兄弟のあのムキムキな感じとか…実写化凄いですね!」「ヤバイね! 飛影よりも戸愚呂兄弟が最強にヤバイかも! どうすんだろ! 兄は精巧な人形とか?」「リアル戸愚呂兄弟が見られる日が来たか」「ドラマでも肩乗り再現したらすごい」「戸愚呂の肩乗りに注目だな」などと興奮する声が相次いでいる。なお、16日に実写ドラマ化が発表された際、「戸愚呂兄」がツイッターでトレンド入りした。

このニュースに関するつぶやき

  • そりゃCG一択でしょうよ?→最近に矢鱈と漫画アニメの実写化が増えたのも其の辺で大きさやアクションを大分と漫画アニメに近付けれる様になりアナログ者としては質感実感はアナログ特撮より劣ると思うが https://mixi.at/ajD1CNF
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

オススメゲーム

ニュース設定